■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
しまごろうの歯が抜けた。
4月6日(土)、リビングにいた夫が「あー!」と叫び、「コロン」という小さな音が聞こえました。

続いて、「しまごろうの歯が抜けた!」と夫の声が聞こえてきました。しまごろうの歯が抜けて、リビングの床に落ちたようです。

落ちた歯は、左下の犬歯です。歯周病で歯茎が赤くはれていて、いつも黒っぽいよだれを出していました。

おそらく痛かったと思います。最悪、抜歯も考えていました。いつも診てもらっている動物病院の先生は、「自然に抜けてくれるといいですけどね」と言っていました。16歳の老猫に全身麻酔をかけての抜歯手術は避けたいからです。

ここ1か月でしょうか、しまごろうの年寄り化が一気に進んでいる気がします。歩き方はよぼよぼがひどくなっているし、ご飯の量も減った気がします。そして今回の歯抜け・・・。

糖尿病の血糖値のコントロールも難しくなっていると感じます。

ご飯も、糖尿病食のw/dのカリカリから、一般高齢猫用のウェットに変えようかと考えています。これまでも、血糖値が下がりすぎたときには与えてきていました。しまごろうは、ウェットのw/dは食べてくれません。

うれしそうに、おいしそうに食べてくれるご飯がいいだろうという飼い主の自己責任による判断です。



今年は、一抹の寂しさを感じるGWとなりました。












スポンサーサイト
| 18:30:33
新刊のお知らせ3月
3月に新刊が2冊出ました。角川グループの汐文社さんからです。これでシリーズ『ようこそ日本へ!写真英語ずかん』の全3巻がそろいました。

下記の写真のキャプションは汐文社さんより拝借しました。

▼3月発行『ようこそ日本へ!写真英語ずかん2 まち・自然』
eigozukan2.jpg

*2020年に向けて、英語力アップ! 身近な「もの」を写真で紹介し、英語での言いかた、発音を掲載。まちの施設、のりもの、動物、天気などを英語で言ってみよう。来日する外国の人と交流するのにも役立ちます。


▼3月発行『ようこそ日本へ!写真英語ずかん3 日本のくらし』
eigozukan3.jpg

*2020年に向けて、英語力アップ! 身近な「もの」を写真で紹介し、英語での言いかた、発音を掲載。日本料理や和菓子、日本の遊びなどを英語で言ってみよう。来日する外国の人と交流するのにも役立ちます。


▼12月発行『ようこそ日本へ!写真英語ずかん1 家・学校』
eigozukan1-1.jpg

*2020年に向けて英語力アップ! 身近な「もの」を写真で紹介し、英語での言いかた、発音を掲載。食べ物、洋服、学校の施設や授業などを英語で言ってみよう。来日する外国の人と交流するのにも役立ちます。


よろしければ、お近くの書店で手に取ってみてください。図書館用に作られた本なので、もしかしたら近所の図書館に入っているかもしれません。









仕事 | 21:52:43 | トラックバック(0)
最近のゴルフ
一時期の繁忙期は過ぎて、ゴルフをしたり、考えたりする余裕が出てきました。

実は、ゴルフはスランプでした。昨年の10月~1月まで。特にバンカーに入るとひどく、ギブアップ一歩手前まで1ラウンドで2回やり、120を超えるという状態でした。

120を超えると、さすがにへこみました。こんなウェッジを買ったりしました。




でも、買ったら買ったで練習しないと使えません。慣れるまで時間がかかります。

どうしようと思っているうちにゴルフへの考え方を変えてみることをふと思いつきました。

「スコアにとらわれないで、楽しむことを第一にする」

これは、私のお姉さん的存在のM子さんのモットーです。私と同じくらいのスコアで回られます。

これまで何度も彼女のこの言葉を聞いてプレイも見てきましたが、いい考えだとは思っていても、やっぱりスコアよね・・・と心のどこかで思っていた自分がいました。

120を叩いたことで、初心に帰ろう、上達したつもりでいたけど、まだまだなんだと考え直したときに、この言葉が実にしっくり来たのです。

その途端というと大げさですが、先日、自治会コンペで優勝しました。真名CCの真名コースでくすのき48、こぶし54でした。

グロスで11人中4位、ドラコンもニアピンも取れたことがとてもうれしかったです。何より久しぶりにハーフで50を切れたのもうれしかったです。

ところで、スランプの原因ですが、素人考えなのですが、昨年は飛距離を伸ばすために腰をもっと使うスイングに改造していて、レッスンではできていて(先生がOKと言ってくださるのできっとできている^^)、ラウンドでは怖くてそれまでのスイングをしていました。

プロが見ると「そこに差がある?」かもしれませんが、私の気持ちとしてはそうでした。ところが、あるとき、ラウンドでもレッスンと同じスイングでやってみたところ、わけがわからなくなりました。どっちがどっち?みたいな。

それが、ようやく、最近になって、レッスンのスイングがラウンドでもできていると思えるようになりました。「楽しむ」ことを第一にしたからだと思っています。

なんだか、こじつけっぽい気がしないでもないのですが、自分なりに筋が通っていればいいような気もします^^。

これからゴルフシーズンになります。楽しんでプレイしたいと思います。















ゴルフ | 22:10:46 | トラックバック(0)
糖尿病猫しまごろうのご飯は?
しまごろうは療養食を食べています。ドライの「w/d」です。動物病院で勧められました。病院のものは高いので、楽天のショップで購入しています。



このw/d、味がよくないのかどうか、獣医師の話では、気に入らなくて食べない猫もいるそうですが、食いしん坊のしまごろうは最初から食べてくれます。

ただし、ウェットはお気に召さないようです。

大腸炎を診断されたミーコにもぴったりということで、置き餌にして二匹に自由に食べてもらっています。

夜、残り少なくなったご飯のお皿に追加するのを忘れて寝てしまうことがあります。しまごろうは、お皿が空になると、2階の寝室に上がってきて、ベッドの上に上がって、ミャーミャー鳴きながら、私の髪をなでます(なでるというより爪を立てないでひっかくという感じ)。

これは「ご飯をくれ」という合図です。

夜中、どんなに眠くても「ごめん、ごめん!」と飛び起きてお皿に追加します。ご飯を食べないと、もし、インスリンが効きすぎていたら、低血糖が気になりますからね。

ヒトのうっかりはしまごろうの食いしん坊ぶりに助けられています(^∇^)ノ








| 22:39:44 | トラックバック(0)
糖尿病猫しまごろうの治療を振り返ってみる
糖尿病猫の血糖値の管理は難しいと言われています。

しまごろうもその例にもれません。インスリンの量と血糖値の数値に相関関係があるときとないときがあります。置き餌の習慣を崩していませんから、その影響もあるかもしれません。

インスリンが多すぎると低血糖の心配が、逆が続くと高血糖の心配が続きます。

ただ、体重5キロほどの動物の血糖値のコントロールを完璧にしようとするのは無理なのだと、治療を始めて11年目でも思います。

ちなみに、しまごろうの血糖値が300超えなんていう日はしょっちゅうです。たとえば、このお正月からの1週間の数字を追ってみると・・・。

★日にち 時間 血糖値 インスリン量 (×は血糖値の測定なし、あるいはインスリン注射なし)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
1日 5:30 379 3単位
   17:45 307 3.5単位

2日 6:30 375 3.75単位
    19:15 167 ×
    23:00 × 3.25単位

3日 6:45 163 ×
    9:30 54 ×
    16:00 266 3単位

4日 6:15 400 3.75単位
    19:30 227 3単位

5日 6:00 310 3.25単位
    20:45 412 4.25単位

6日 6:00 292 3.5単位
    18:30 175 ×
    22:15 296 3.5単位

7日 6:15 247 3単位
    19:15 265 3.75単位
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
定時に測定&注射をしないのかと思われるかもしれませんが、ヒトも外出をしたりしますので、そのときは低血糖が怖いのでインスリンは少な目に調整します。

また、朝は血糖値が高目に出て、夜は低めに出る・・・というしまごろうの血糖値の動きの特性も考慮します。

ご飯は置き餌。しまごろうは気まぐれにご飯を食べます。食いしん坊のしまごろうの食習慣を、糖尿病になったからといって変えることはしませんでした。その分、ヒトが一喜一憂することを選びました。

そういうもろもろの状況や制限がある中で、ヒト用ニプロの血糖測定器を使って血糖値を測って、その数値に合わせてのインスリン注射をここ10年続けてきたのです。

しまごろうは今16歳ですから、年相応に歯肉炎、関節炎になったりなど、加齢による症状は出ているものの、体重は5キロ前後をキープ、毛並みもつやっつやです。

パッと見た目には、病気猫とは思えないと思います。

糖尿病猫の治療として、それほど間違ったやりかたをしていないのではと、10年の経験で思います。

10年といえば、「ひと昔」・・・と言われるほどの長い時間ですが、実感としてはあっという間です。

毎日「今日は血糖値が高かった。どうして?」「こんなに血糖値が下がるなんて想像もしなかった!」と一喜一憂している間に過ぎてしまいました。

16歳のしまごろうに残された時間は、健常猫と同じようだと思っています。ヒトがぼけたりくたばったりする前にしっかり看取りたいです。しまごろうの同じ年の妹のミーコもいっしょにね。







| 22:06:35 | トラックバック(0)
みんな元気に新しい年を迎えました。
あけましておめでとうございます。

新しい年を家族みんな元気に迎えることができました。しまごろうとミーコはいつもどおりです。お正月もお盆も何もありませんが、それが一番大事なことです。

また、大晦日と元旦に夫と2サムに出かけました。健康でゴルフができる喜びを感じました。

でも、スコアは、よくありません……。どちらも真名CC。31日は111、1日は103でした。ここのところ、仕事も落ち着いてラウンドできるようになりましたが、110超えを連発しています。12月は124なんてスコアもありました。

でも、自分のレベルをどの程度か考えることによって、捉え方は変わります。

辛くても現実を受け止めなければ……!

というわけで、今年もよろしくお願いします!

▼冬はキャットハウスでほっこりの2匹
170101.jpg











日常生活 | 22:58:03 | トラックバック(0)
新刊のお知らせ12月
12月12日に発売になった新刊のお知らせです。

▼『ようこそ日本へ!写真英語ずかん 1.家・学校』
eigozukan1.jpg

汐文社(KADOKAWAグループ)さんから出ました。子どもに身近なものを外国人に説明するときに使える図鑑です。すべて写真でわかりやすく説明しました。

図書館に置かれることを想定して装丁がしっかりしています^^。←親父ギャグではありません^^;

全3巻シリーズで、2巻と3巻も年度内出版の予定です。現在、絶賛執筆中です。

さて、今年も残すところ10日あまりとなりました。去年の今ごろは新刊を何冊も抱えて、胸が痛くなる経験をしました。いろんな人の助けを借りて何とか乗り越えられました。

しまごろうとミーコも相変わらずです。何より幸せなことだと思います。


























仕事 | 22:58:02 | トラックバック(0)
新刊のお知らせ
11月はKADOKAWAさんから新刊が2冊出ます。

『ちいさなプリンセス ソフィア 4~6さい いっしょにまなぼう かず・かたち』
sofia-kazu.jpg

『ちいさなプリンセス ソフィア 4~6さい いっしょにまなぼう せいかつ』
sofia-seikatsu.jpg

9月には下記の『ちいさなプリンセス ソフィア 4~6さい いっしょにまなぼう もじ・ことば』を出しました。シリーズ全3巻がそろったことになります。

sofia-moji.jpg

ディズニー監修の本です。夏にはピクサーの科学本シリーズでも3冊出しました。チャンスを与えてくださったKADOKAWAの編集者さんに感謝です。

ところで、11月はもう1冊新刊が以前からお世話になっている汐文社さん(KADOKAWAグループ)から出る予定ですが、ちょっと遅れて12月になるかな?情報が届き次第、お知らせします!













仕事 | 22:17:13 | トラックバック(0)
11月はちょっと切なくなる月
11月になりました。今年も残すところ1か月と少し。

今年は、例年以上に早く時間が過ぎた年です。そして、夏に2回も風邪をひき、加齢を感じた年にもなりました。免疫力、抵抗力、まだまだあるつもりでしたが、ちょっと仕事が忙しくなり、寝不足が続いたりすると、日和見感染、菌にやられてしまいます。

情けないけど、これが現実、加齢は避けられません、受け止めなければね。

さて、久しぶりのブログを書いていますが、わが家はみんな元気です。でも、11月はちょっと切ない月でもあります。

2006年11月6日、しまごろうが6歳のとき、糖尿病と診断されました。今月6日で、治療は11年目に突入です。

2006年年末に、しまごろうはケトアシドーシスで生死をさまよい、暗い年越しでした。

それを思うと、今はなんて幸せなことか。

5キロの体重がしっかりあり、毛もつやつや、病気持ちの猫とは思えない外見です。

一病息災とは猫にも当てはまるようです。

ヒトも健康に気をつけて、しまごろう、そして妹猫のミーコの世話もしっかりしようと思います。
















| 18:32:11 | トラックバック(0)
新刊のお知らせ
9月21日に新刊が出ました。

sofia-moji.jpg

ソフィアといっしょに楽しみながら国語を学ぶ知育絵本です。

全ページにソフィアのカットがたくさん出てきます。ソフィアファンにはたまらないかも?!

お近くの書店で見かけましたら、ぜひ、手に取ってみてください。








仕事 | 10:19:02 | トラックバック(0)
次のページ

FC2Ad