■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最近のゴルフ
一時期の繁忙期は過ぎて、ゴルフをしたり、考えたりする余裕が出てきました。

実は、ゴルフはスランプでした。昨年の10月~1月まで。特にバンカーに入るとひどく、ギブアップ一歩手前まで1ラウンドで2回やり、120を超えるという状態でした。

120を超えると、さすがにへこみました。こんなウェッジを買ったりしました。




でも、買ったら買ったで練習しないと使えません。慣れるまで時間がかかります。

どうしようと思っているうちにゴルフへの考え方を変えてみることをふと思いつきました。

「スコアにとらわれないで、楽しむことを第一にする」

これは、私のお姉さん的存在のM子さんのモットーです。私と同じくらいのスコアで回られます。

これまで何度も彼女のこの言葉を聞いてプレイも見てきましたが、いい考えだとは思っていても、やっぱりスコアよね・・・と心のどこかで思っていた自分がいました。

120を叩いたことで、初心に帰ろう、上達したつもりでいたけど、まだまだなんだと考え直したときに、この言葉が実にしっくり来たのです。

その途端というと大げさですが、先日、自治会コンペで優勝しました。真名CCの真名コースでくすのき48、こぶし54でした。

グロスで11人中4位、ドラコンもニアピンも取れたことがとてもうれしかったです。何より久しぶりにハーフで50を切れたのもうれしかったです。

ところで、スランプの原因ですが、素人考えなのですが、昨年は飛距離を伸ばすために腰をもっと使うスイングに改造していて、レッスンではできていて(先生がOKと言ってくださるのできっとできている^^)、ラウンドでは怖くてそれまでのスイングをしていました。

プロが見ると「そこに差がある?」かもしれませんが、私の気持ちとしてはそうでした。ところが、あるとき、ラウンドでもレッスンと同じスイングでやってみたところ、わけがわからなくなりました。どっちがどっち?みたいな。

それが、ようやく、最近になって、レッスンのスイングがラウンドでもできていると思えるようになりました。「楽しむ」ことを第一にしたからだと思っています。

なんだか、こじつけっぽい気がしないでもないのですが、自分なりに筋が通っていればいいような気もします^^。

これからゴルフシーズンになります。楽しんでプレイしたいと思います。















スポンサーサイト
ゴルフ | 22:10:46 | トラックバック(0)
老若男女が楽しめる
マレーシアの駐在していたころは、週に2回ゴルフができていました。現在は、月に2回行ければいいところ。それでも十分、ぜいたくな話です、日本ではね。マレーシアでは安いところがたくさんあるので、三分の一の料金でできていましたからね。

しかし、仕事で忙しいさなかにゴルフができる喜びは、週2回のころと同じくらいといってもいいかもしれません。仕事には始終、生みの苦しさがあるので、そこから解放される瞬間は、しかも、自然の中で、何にも代えがたいくらい幸せを感じるのです。自由に遊ばせてくれる夫にも感謝ですし、ゴルフができる健康にも感謝。

ゴルフをしているとき、私はいい人になります^^。ただし、一緒に回る人はポイントだったりします^^;

私の場合、ご近所さんがゴルフ仲間です。ほぼ100%男性。ほぼ100%リタイアした方々。私ももう50歳半ばですから、親子ほど離れているということはありませんが、世代間の違いを感じることは多いです。それでも、ゴルフをするときは、その差をほとんど感じません。いい年をした大人が、一喜一憂しながら、真剣勝負で楽しみます。いくつになってもいいスコアで回りたい、少しでも上手になりたいという探究心を持ち続けています。

ゴルフにはハンデがあり、老若男女が楽しめるスポーツです。ご近所さんと回るとき、それを特に感じます。

ちなみに、マレーシアのゴルフ仲間もほぼご近所さんと同じです。男性の割合が高いことも、リタイアされた方がほとんどのところも、いい年をした大人が、一喜一憂しながら、真剣勝負するところも、いくつになってもいいスコアで回りたい、少しでも上手になりたいという探究心を持ち続けているところも^^。










ゴルフ | 22:33:41 | トラックバック(0)
2016年のマスターズ
今年のマスターズの結末、誰が予想したでしょうか。

スピースの12番の池ポチャがなければ・・・。あったとしても1回ならまだまだしも・・。

3日目、特に17、18番。すでにスピースのスイングは狂っていました。

それは、マキロイと回ったから。自分より小柄なマキロイにドライバーで置いていかれると、やはり飛ばしを意識してスイングは狂うそうです。

そして、最終日。完全優勝での連覇を意識して、かつ、調子を落としていくカウフマンにリズムを狂わされ、集中力を欠いていく・・・。

このような話を、組み合わせって、大事だよ・・・と言いつつ、今日のレッスンで先生が教えてくださいました。松山も大ベテランランガーと一緒でなければ・・・。スピースと松山が最終組だったら、ものすごく盛り上がったと思う、とも・・・。

たらればは、いくら話してもしょうがないのですが、ゴルフがいかにメンタルが大切か、そして残酷かということが、今年のマスターズで悲しくなるほどわかりました。









ゴルフ | 20:35:45 | トラックバック(0)
マスターズ初日
アーニーエルスが6パットしたのを見てしまいました。私たちのラウンドではOKパットになるような距離を行ったり来たり。5打目のパットは不用意に入れようとしてそれも外して・・・。

解説の中島プロが、「腕(手)を切りたいと思うと思う」みたいなことを言っていました。

そしてラウンドを続けるエルスに対して、「よく続ける気になった」と激励を送っていました。

マスターズ初日は、デイはイーブン、バッバはまさか3オーバー。

松山の1アンダーは「悪くない」と本人が言うのもうなづけます。

私はにわかPGAツアーファンで、優勝したプロ、あるいは優勝争いをしたプロしか名前を知りません。シニアで活躍されるような、往年のプレイヤーは、ほとんど知りません。

でも、観戦はTVでも楽しい。プロの技、決断、勇気、覚悟みたいなものが伝わってきて、ドキドキはらはらできるのがたまりません。

また、私みたいな素人向けかどうか、とても丁寧に解説してくれる佐渡充高さんが大好きです。情報も語り口も。BSのPGAツアーでおなじみの方です。マスターズは中島プロ、ラウンドリポートは芹沢プロです。例年通り、ですね。

明日の朝は早起きして、松山を応援しようと思います。マスターズがこんなにすごい大会だということを教えてくれた遼くんがいないのは、寂しいかぎりですが。








ゴルフ | 09:54:49 | トラックバック(0)
大江香織、4年ぶりツアー2勝目!
よかった~!!

ようやく日本人が勝ちました!大江香織ちゃん、おめでとうございます!オバちゃんはうれしいよ~。

日本ツアーに外国人選手が何人でもいてくれていいです。でも、その中で、必ず、日本人に勝ち抜いてほしいです。

昨今の結果を見ると、これは、かなり厳しい注文でもあるのですが、それでも、がんばってほしい。

今年も千葉のトーナメントは応援に行くからね~!






ゴルフ | 21:56:00 | トラックバック(0)
ティグラウンドでの素振りは何回がOKレベル?
ショットを打つ前に必ず素振りをしますよね。私は、アプローチ、パッティング以外は、1回と決めています。ティグラウンドと、フェアウェイウッドと、9番までのアイアンショットです。スムーズな進行のための協力と自分なりのルーティンです。

超初心者の頃、練習もしないでランドするので不安でいっぱいで、ティグラウンドで2回、3回としていたら、先輩に「素振りは1回」と注意を受けました。

今でも、とてもよく覚えています。きっと、自分でもやりすぎている自覚があったのでしょう。そして、こういう指摘は、なかなか言いづらいものです。今ではそのアドバイスに感謝しています。

ところで、先日、とても上手な女性とあるコンペでご一緒する機会がありました。ドライバーは弾道高く、飛距離は180ヤード以上は飛ぶような方です。

でも、ティグラウンドでの素振りは、後ろで必ず2回。アドレスするとき、ドライバーを股関節付近に当てて確認して、ショット。それが彼女のルーティンなんだと理解できました。

そのためにプレイ全体に遅延が出るなどのことはなかったです。

でも。

なぜか、釈然としないものを感じました。

その方は、ラウンド中、しょっちゅう素振りをされます。また、グリーン上で、自分のパットが終わった後ではありますが、練習パットをされます。親睦コンペとはいえ、私はしたことがありません。

その日は、自分の悪いスコアをそのせいにしてしまうほど、心の狭い、小さな人間だ、私は…と思ってしまい、あとで、落ち込みました。

これって、微妙な問題です。ルーティン、癖ですからね、しかも、ある程度、実力のある方の。

そういう方と回るときの対策は、そのルーティンを見ないことです。これしかありません。

しかし、こういうことは超初心者のときにはまったく感じないことだったので、私も少しは成長したのかもしれません^^。










ゴルフ | 12:55:20 | トラックバック(0)
できなかったことができるようになるうれしさ
最近、ゴルフ大好きの私ですが、ゴルフの話題が書けない状況になっています。仕事が忙しく、なかなかラウンドできないからですが、レッスンは週一月4回で続けています。

このレッスンは、屋内練習場、つまり「鳥かご」で受けます。よさは、ヘッドアップしないこと。何しろ、ボールの行方を追おうとしても、2メートル先くらいですから、意味がないのです。だから、スイングに集中できるよさがあります。

また、私の通っているスクールは少人数制。グループレッスンとはいえ、最大二人。ほぼ、プライベートレッスンになります。これも気に入っています。

昨年から、レッスンでもう半年以上取り組んでいるのがスイングの改造とドライバーの飛距離アップ。ドライバーはせいぜい150ヤードなのを170にしたいなあと思っています。そのためのスイング改造です。

マレーシアでそこそこ上手になったと思っていましたが、変な癖をつけて帰国しました。それを直すのはやはり時間がかかります。しかも、去年は腰痛にも悩まされ、練習もままならない状況が続きました。ぼちぼち、ゆっくりでいいと思って、レッスンに通っています。

しかし、この年になっても、「できなかったことができるようになる」喜びを感じられるのは、本当にうれしいことですね。それが経験できるだけでも、ゴルフをしていてよかったと思います。

でも、ゴルフは、できるようになったことが突然できなくなることもあるのですが……。ゴルフは本当に奥が深いです。だから、大の大人がのめり込むのでしょうね。

私の通っているゴルフスクールはこちら⇒アロハゴルフスクール













ゴルフ | 15:51:10 | トラックバック(0)
ときどき100が切れています&エバー・ゴルフ
自治会のゴルフ仲間に誘ってもらって、スケジュールが合えば、コンペ以外でも少人数でいろいろ回っています。夫が有休をとったときには2サムで回ったりします。

8月-9月では、土浦CC習志野CC空港コースなど。

そして、この2つでは、100が切れています。どちらも5,100ヤードと短いコースではあるのですが、最近は、短くても長くても100を切れることがなかったので、うれしかったです。

「自分は今、スランプなんだ」と自覚したら(そのときの日記はこちら)、少し気持ちが吹っ切れた気がします。

ところで、習志野CC空港コースですが、レビューを読むと「安いがとにかく混んでいる」ということで、今まで行ったことがありませんでした。

ですが、最近のレビューでは悪いことが書かれることが少なくなりました。やはり安いのはポイントが高いですから、試しに行ってみると、システムがすごく合理的でお気に入りになりました。

アコーディアの「エバー・ゴルフ」の主宰です。

・キャディバッグの積み下ろしは自分でします。⇒マレーシアのカジュアルコースはすべてそうです。

・チェックイン・アウトとも、セルフサービス⇒チェックインのセルフはほとんど経験がありません。

・カートにはタブレット型のGPSがついていて、コースの概要(レイアウト、距離など)がわかります。⇒セルフには強い味方。

・バスルームはシャワーのみ。でも、すべて個室で椅子もついています。⇒椅子はポイント高し。

・レストランの料金も比較的リーズナブル。⇒つい頼みすぎるので、注意が必要^^;

一方、あんまりにもセルフなので、どう動いたらいいか迷うかなあと思っていましたが、視覚的な案内板などのサポートもバッチリです。

こんなカジュアルゴルフで私は十分なので、あとはスルーサービスが定期的に備わればバッチリなんですが・・・。

2015年問題と言われて、2015年ごろを境にゴルフ人口が減り、ゴルフ場の経営が難しくなると言われています。このシステム、もっと広がるといいなあと思います。









ゴルフ | 13:16:41 | トラックバック(0)
私、スランプのようです(^_^;)
他人事みたいなタイトルの中身は、ゴルフです。ずっと100が切れません。そんなゴルフが、5か月ほどのブランクを経て再開した2月から半年経とうとしています。

そのブランクの5か月で運動不足にもなり、すっかりゴルフの力が落ちたと思っていましたが、その間にゴルフをしていたとしても、このスランプはあったかもしれません。というのも、コンペでご一緒したある女性が自分の状況を教えてくれたことがきっかけです。

彼女は、私のゴルフの状況を「それはスランプよ」と指摘してくれました。ホームコースもお持ちで、もうずっと週一ペースでラウンドされていましたが、突然、昨年11月にスランプに陥り、つい1か月前まで続いていたそうです。

その状態というのは、「101匹わんちゃん(ときどき+2,3)」になる、ときには「百獣の王(110)」、そして120を叩くこともある、というものだそうです。

これって、まさに今の私の状態です。

コンペでは、彼女は48+48で回られて96。とっても満足され、「ようやくトンネルを抜けられた」とおっしゃっておられました。そして、「大門さん、大丈夫。きっとトンネルは抜けられるから。私がそうだったから」と励ましてくださいました。

ところで、スランプは90切りを目指すような上手な人がなるものだと思い込んでいました。100切りを目指す状況でも「スランプ」はあるのだと、教えてもらった気分です。

「101匹わんちゃん」も何度も続くとまるで初心者になった気分になり、とてもとても落ち込むものです。でも、この状態は「初心者返り」ではなく(ここが大事!)、スランプなのだと思えると、確かに抜け出せないスランプはないと、過去のいろいろな経験から想像できます。いつ抜け出せるかは人それぞれですが、「いつか抜けられる」という気持ちを持つことができるのは大きいです。

持つべきものは「ゴル友」ですね~!







ゴルフ | 16:20:51 | トラックバック(0)
マレーシアのゴルフ仲間Bちゃん
マレーシアでロングステイ中のゴルフ仲間のBちゃんが日本に一時帰国しました。先日、ランチをご一緒しました。

ロングステイしているゴルフ仲間のほとんどが定年退職した後のステイなので、年齢的には60歳以上の方が多いのですが、Bちゃんのだんなさまはそのとおりで、彼女は私とほぼ同じ年齢。マレーシアにいるときから気が合って、ゴルフの話題で盛り上がることができる、貴重な友人の一人です。

ランチで会ったときも、ゴルフの話題が90%以上!ゴルフ談義であっという間に数時間がたったほどです。

彼女は90切りを目指すレベル。いまだに100切りをうろうろしている私とはレベルが違うのですが、スコアアップに必要なのは、ショートゲーム、というのは同じでした。

そうなのです。最終的には、ショートゲームの出来不出来がスコアに直結するのです。

とはいえ、私のレベルでは、ロングゲームでの課題もまだまだ多いです・・・。

たとえば、ウッドクラブ。私が持っているのは9番、7番、4番とドライバーですが、ドライバー以外は、メーカーが示す目安どおりの飛距離なのですが、ドライバーだけ、メーカー180ヤード⇒私150ヤードと、ぐっと落ちるのです。

レッスンで先生に相談したところ、「リズムがゆっくりすぎる」とのこと。

手打ちにならないように初めをゆっくり作動させていたのが災い(?)したようです。同じような年齢、体格の女性の生徒さんのドライバースイングをビデオで比較したら、私のスイングは2割くらいゆっくりでした。超納得です。

180ヤードまでは行かなくても、リズムを改善することで少しでも飛距離が伸びるのであれば、ノープロブレム。

どれくらい時間がかかるかわかりませんが、ちょっと挑戦してみようと思います。しばらくはいいスコアは望めないですが、それも込みで。

そんなやる気にさせてくれるのは、マレーシアのゴルフ仲間Bちゃんのおかげ。日本にいて、同世代の女性のゴルフ仲間がほとんどいない私にとって、とってもありがたい存在なのです。












ゴルフ | 16:32:36 | トラックバック(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。