■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
マレーシアでもテロへの注意は必要です。
在マレーシア日本大使館から、テロへの注意喚起に関して、最近、緊急メールを多くもらいます。

マレーシアは、イスラム教が国教でありますが、比較的、安全な国というイメージが私にははっきり言ってありました。実際に住んでいたので、「実感を伴った安心感」を持っているつもりでした。

でも、そんなことはないんだと、次々に送られてくる大使館のメールから思うようになっています。

心配しすぎるのはどうかと思いますが、あまりに能天気なのもどうでしょう。

旅行に行かれる際には、十分、気をつけてください。私も気をつけるつもりです。

下記に、2月26日に送られてきたメールを転記します。まさか、こんな記事をこのブログに書くとは想像もしていませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~海外安全情報(スポット情報)~

マレーシア:テロの脅威に関する注意喚起

1 2月18日,在マレーシア英国大使館は,マレーシアのテロ脅威度を「High」(高い)に引き上げました。また,同21日,同豪州大使館は,クアラルンプール市内及び周辺地区でのテロ攻撃に警戒するよう自国民に対して注意喚起を行いました。

【在マレーシア英国大使館の注意喚起】
  https://www.gov.uk/foreign-travel-advice/malaysia/terrorism

【在マレーシア豪州大使館の注意喚起】
  http://smartraveller.gov.au/countries/malaysia

2 マレーシアでは,1月14日にインドネシア・ジャカルタ中心部で発生したテロ事件発生を受けて,観光地や繁華街における軍警合同パトロールの実施や大規模なテロ被疑者の摘発など,テロの未然防止に向けた各種対策を強化しています。同15日には,クアラルンプール市内でテロを企図していた男が逮捕されました。

3 つきましては,マレーシアに渡航・滞在される方は,上記情勢に留意の上,最新の関連情報の入手に努めるとともに,テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,十分注意してください。特に,テロの標的となりやすい場所(欧米関連施設,警察・政府・軍関係施設,デパートや市場,公共交通機関,金曜礼拝等の宗教関連行事・施設,観光・リゾート施設など不特定多数が集まる場所,)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど自らの安全確保に努めてください。

マレーシア「危険情報」:
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?id=017&infocode=2014T085#ad-image-0

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3ヶ月以上滞在する方は,緊急事態に備え,必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受け取れるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttp://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# に記載。)

5 また,テロ対策に関しては以下もご参照下さい。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ先)
○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3496
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

○在マレーシア日本国大使館
  住所:11, Persiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak, 50450 Kuala
     Lumpur, Malaysia
  電話: (市外局番03) 2177-2600
     国外からは(国番号60)-3-2177-2600
  FAX : (市外局番03) 2143-1739
     国外からは(国番号60)-3-2143-1739
  ホームページ: http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/index.htm

○在ペナン日本国総領事館(管轄地域:ペルリス州,ケダ州,ペラ州,ク
  ランタン州及びトレンガヌ州)
  住所:28th Floor, Menara BHL, No.51, Jalan Sultan Ahmad Shah,
     10050 Penang, Malaysia
  電話: (市外局番04) 226-3030
     国外からは(国番号60)-4-226-3030
  FAX : (市外局番04) 226-1030
     国外からは(国番号60)-4-226-1030
  ホームページ: http://www.penang.my.emb-japan.go.jp/index_jp.htm
○在コタキナバル領事事務所
  住所:No.18, Jalan Aru, 88100 Tanjung Aru, Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
  電話: (市外局番088) 254-169
     国外からは(国番号60)-88-254-169
  FAX : (市外局番088) 236-632
     国外からは(国番号60)-88-236-632
ホームページ: http://www.kotakinablu.my.emb-japan.go.jp/ja/index_ihtml

平成28年2月26日 在マレーシア日本国大使館
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








スポンサーサイト
旅行 | 20:54:24 | トラックバック(0)
マレーシアでリフレッシュしてきました〜(^_^)
1ヶ月遅れで先週、冬休みを取り、マレーシアへ「里帰り」しました〜(^_^)

5泊6日の旅行で、4連続ゴルフをしてきました〜(-_^)

のべ36人のゴルフ仲間が集ってくれました〜(^_^)

ランチやディナーはローカルチャイナ、飲んで食べても多くて1,500円ほど、ガイドブックには決して載っていないお店です〜(-_^)

心からリフレッシュできました〜(-_^)

次はいつにしようかなあ〜(^_^)

飽きることはまったくないのです〜(^_^)








旅行 | 18:40:44 | トラックバック(0)
邪推
夫の両親をタイに旅行に連れて行くのですが、個人ツアーをオーレックストラベルに頼みました。

オフィスの壁に貼ってある大きなポスターが目立ちます。どこの国なのか聞くと、モルディブとか。水上ヴィラがとっても優雅です。

高いんだろうなあと思って、スタッフに値段を聞いてみると、クアラルンプールからマレーシア航空が直行便で出ていて、日本から行くより半額から三分の一程度(3泊4日)で行けるとか。

日本からエアアジアの格安チケットを使ってマレーシアを経由してもまだまだ安上がりです。

「なんで、わざわざマレーシアを経由せなあかんの?」と考える人には何のメリットもありませんが、私が日本にいたら「一粒で二度おいしい」(ちょっと違う?)だと思うだろうと思います。

基本的には動き回る旅行が好きなのですが、水上ヴィラにはあこがれがあります。そして一度は行ってみたいモルディブ。

スタッフの人は「本を読んだり、ゆっくりするのにピッタリなところです。新婚旅行なんかにお勧めです。」と言いました。

そして続いて「20歳のお子さんと行かれるところではないですね。」とも言いました。

私に向かって。

最初の発言は「年頃のお嬢さん、息子さんの新婚旅行にお勧めですよ。」と暗に言っているのだろう、後者の発言は「いや待て、まだお子さんは20歳前後かもしれないぞ。」と思い直しての発言だろうと、一瞬のうちに邪推しましたよ。

「女友だちとの旅行もいいですよね。」と私が言うと「それもいいですね!」とうまく着地点につけた感いっぱいの笑顔を見せてくれました。

私もいちいち邪推しなくてもいいんですけどね~。


【今日の雨】

降らず。









旅行 | 10:34:20 | トラックバック(0)
イライラ~ストレス製造マシーン
夫の両親が10月にマレーシアに遊びに来ます。

以前、私たちが駐在した時にも遊びに来たので、マレーシアは2回目になります。

車でシンガポールにも行ったし、ほとんどのめぼしい観光地には連れて行きました。

国内、国外を問わず、旅行が大好きな両親は、日本人がいく観光国には行きつくしています。

さて、今回はどうしよう?と考えて、タイの北部に住む首長族を訪ねたいと言います。

首長族の村はすっかり観光地化されているとはいえ、珍しさが先立つのでしょう。

そんな知恵をどこから仕入れたのかと思ったら、祖母の葬式で夫が帰った際に、ポロリと口にしたのでした。

実は、首長族の村には私は夫とすでに行ったことがあるのです。個人旅行で。でも、当時の記憶は一切なく、80歳と72歳の老夫婦を50歳の私一人で案内するのはちょっとハードなので、旅行会社の個人ツアーを予定しました。

飛行機はエアアジアを予約しようと思うのですが、なかなか苦戦しています。

私の手持ちのカードを使うと手数料が約50RMになるので、4RMですむ口座振替にしようとしますが、出張中の夫からいちいち情報をもらわないと支払いができず、その間に、飛行機代があっという間に上がります。

勉強代と思えばいいのかもしれませんが(初利用なので)、目の前で吊り上る値段を見るのは本当に気分が悪いです。

エアアジア、上手に使えない場合には、恐るべしストレス製造マシーンです。

【今日の雨】

降らず。












旅行 | 21:08:26 | トラックバック(0)

FC2Ad