■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
価値観の違い
価値観は、ホント、人それぞれです。それは、「異国」の地で「借家」を選ぶときでも現れます。

私たちのクアラルンプールの家選びは、猫ありきでした。

コンドミニアムではペットは不可ということで、選択肢は戸建てしかありませんでした。

コンドミニアムにしたかったのは、警備が「基本」しっかりしていること。戸建てだと、ある地域では、毎日どこかの家に「不法侵入者」があると、夫の会社のローカル社員に教えてもらっていたことも大きいです。

最終的には、ガーディッドハウスといって、ある敷地全体が壁で囲まれていて、敷地内に入るには24時間365日体制でガードしてくれるガードマンのいるガードハウスをを通らざるを得ないというシステムの住宅地を選びました。

5年ほどたちますが、不法侵入者を一人も許したことがないことが売りのところです。これが、売りになるのです!

しかし、そんなシステムなどをものともせず、実際、不法侵入者に入られること数度の、ガードマンのいない戸建てに住む夫の同僚家族もいます。

小学生のお子さんと3人家族です。

そのかわり、私たちも憧れたとっても素敵な家に住んでいます。

ここ数年の新参者には太刀打ちできない歴史のある庭を持つ家(会社のクリスマス会をレストランにドタキャンされて、60人が会食できる、急きょ会場となったお家)です。

お庭がミニジャングルと化していて、まさに「マレーシア!」という感じなのです。

でも、繰り返しますが、不法侵入者に、引っ越して半年で入られています。人的被害はなさそうですが、物的被害に関してはそこまで聞けませんでしたが、その覚悟がすごい!

ビビリの私には到底まねのできないことです。

価値観の違いといえばそれまでですが、家選びにも「数年の滞在で何を優先させるか」が如実に表れるようです。











スポンサーサイト
日常生活 | 23:13:54 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。