■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パターからわかること、いろいろ
先日、1時間のマンツーマンレッスンでパターを習いました。

私からお願いしたことだったのですが、こんなに丁寧に教えていただいたのは初めてです。レッスンを受けるんだから当然といえば当然ですが、本物のグリーン(しかも、プロのトーナメントが行われるコースの練習グリーン)の上でのレッスンは、それはそれはためになりました。

というか、あまりにもダメダメで先生もあきれられたことでしょうというくらい、まっさらな状態で一から教わりました。

グリップ。手のひらで包むように握ります(私はアイアンなどと同じグリップでした)。

ボールは真上から見ます(手前の斜め上から見下ろしていました)。

テークバックはまっすぐ引いてフォローでまっすぐ(インサイドインではありますが)出します(引くときからヘッドが揺れていました)。

そして、ボールマークしたあとのボールの置き方。ボールに印字してある線と打ち出す方向を平行にするのが基本ですが、もちろんそれはやっていたのですが、やっていた「つもり」だったのです。

ボールの真後ろ(私はやはり斜め)から見てボールを置き、ボール上の線も真上(私は前後左右に微妙にずれても気にしていなかった)になるようにする。

こうやって書いてみると「なんだ、当たり前じゃない」と思われるかもしれませんが、いい加減にやっているつもりはなかったのですが、実は、とってもいい加減だったのでした。

ゴルフはよくラウンド後に「あそこをピッチングで打っていタラ」とか「あそこでOBを打たなけレバ」と「タラレバ」でスコアを振り返ることがあります。でも、それはしても仕方のないことで「タラレバのせいにできないよね」と言って練習するのですが、「~したつもり」もよくないんだと、改めて思いました。

つまり、まっすぐ引いている「つもり」のテークバック、ボールを真後ろから見ている「つもり」のライン合わせ」などなど。

スコアが伸びない、あるいは、一定のスコアにできないというのは、ざっくりと練習不足と思っていましたが、こうやってパターを教えていただいて、先月はアプローチを教えていただいて、基本をわかっていなかったことももちろんですが、自分の「~したつもり」を知ることができました。

これは大きな発見だと思います。でも、「~したつもり」はクセになっているので、よほど意識しないと直らないでしょうね。半世紀も生きていると、それはよくわかります。

私は飛距離もないですし、まだまだ完璧でははないですが、先生にはショットには自信を持つように言っていただきました。そのスイングを作るのに、日本の先生にあーでもない、こーも出ないと週一で教わって、約1年半かかっています。ということは、ショートゲームである程度の基本的なクラブコントロールができるようになるまでには、そのくらいかもっとかかる(加齢による筋力低下、集中力低下は否めないので)と思った方がよさそうです。

マレーシアは常夏の国ですし、日本に比べるとグリーンフィもとても安いです。たくさんラウンドすれば、まだ1回しか出したことのない100切りを2回目、3回目…と出して行ける…とぼんやりと思っていましたが、約2年間のクアラルンプール滞在ではショートゲームを中心に練習して、その結果、それが少しでも自分が納得できるようになったときに、100切り安定につながればいいんだと思えるようになりました。

しかし、ゴルフをすると自分のマイナスな性格を知ることが多いです。自己評価をあまり低くするのもよくないのですが、やはり、隠しておきたい性格を知るのは、へこむなあ、50歳になっても・・・。
















スポンサーサイト
ゴルフ | 22:44:46 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。