■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
常夏の風邪
日本はこの冬、寒さが例年以上に厳しいようですね。

毎日見るNHKワールドプレミアムで知っています。

インフルエンザも流行っている中、もう花粉症の予報も出ている、何とも忙しい日本列島ですね。

さて、常夏のマレーシアでも風邪をひきます。なぜかというと、ショッピングモール、オフィスなど、ガンガンにクーラーが効いていて、そこで半袖短パンで過ごそうものなら、「私、風邪ひきたいです!」と宣言しているようなもので、本当にひきます。

先週より夫がゴホゴホ言っていると思ったら、今日は私が初期の風邪の症状です。引き始めが肝心といつも飲み慣れている常備薬を飲みました。

日本の友だちに送るメールで「風邪に気をつけてね!」と書きながら自分がひいていては、しかも常夏で、笑い話にもなりませんよね。

でも、たぶん、みなさんが思っている以上に、こちらの夏は石の家にいる限り、日本より涼しいです。実際、我が家では、こちらに来て約4か月弱、クーラーは数えるほどしか使ったことがありません。

夜もあの熱帯夜のような暑さはほとんどないといってもいいです。逆に、涼しくて窓を開けて寝ると寝冷えします。お腹を壊します。経験者が言うのですから本当です。

東京の夏は異常なんだと、つくづく思います。







スポンサーサイト
日常生活 | 22:29:48 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。