■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
防犯対策と風邪?
マレーシアは比較的治安がいいといっても、やはり外国。事件に巻き込まれたり、危険な目に遭わないように考えて心がけていることがいくつかあります。

●バッグは斜め掛けできるのものを使う。オシャレや、流行は気にしない。かつ、口はファスナーの開閉式のもの。

●夜、絶対に一人でタクシーに乗らない(まだ一人で出かけたことがないのですが、心に決めています)。

●車を運転するときは、バッグは助手席に置かず、地べたに置く。信号で止まっているときなど、窓ガラスを壊されてバッグを持って行かれるのを防ぐため。つまり、窓ガラスを壊され、バッグを持って行かれることがあるということ。

●車を駐車場に停めるときは、手荷物を車内に残していかないのはもちろん、ナビゲータを小物入れの中に隠す。ナビゲータの盗難を防ぐため。つまり、盗難があるということ。

後者の二つは、ローカルの知り合いが教えてくれたことです。

私が事故や事件に巻き込まれて、怪我でもして入院…ということにでもなれば、しまごろうの糖尿病のインスリン注射をできるヒトがいなくなりますからね。

事件や事故などの大きなものでなくても、自分で怪我をしたり、病気になって入院ということもできません。

これは、日本にいても同じですが、日本なら、近所にかかりつけの動物病院がありましたらか、何となると思います。

そんなことを考えていくと、私の体は自分のものだけではないですね。常日頃から、やはり、気を付けなければいけませんね。

…なんて大げさなことを考えてしまうのは、夫の風邪がうつって、ちょっと熱も出てきたりしたものですから、弱気になっているようです。

日本にいても○○は風邪をひかないと地で行っていたので、風邪をひいてしまったうかつさにも腹が立ったりします。でも、自分でも思っている以上に体力が衰えているのかもしれません。車がないと生活できないので、日本以上に歩くことがめっきり減っています。

病は気から、気は病から。危険から身を守る方法について書いていたのにこんな結末になりました。今夜は夜更かしをしないで、さっさと寝ることにします。





















スポンサーサイト
日常生活 | 17:12:30 | トラックバック(0)

FC2Ad