■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本当に宝物
こればかりは猫を飼ったことがない人、あるいは猫が嫌いな人にはまったく興味のない話になりますが、猫の存在は、それだけで宝物、プライスレスです。老後を悠々暮らせそうなくらいのお金の10倍(私が考えられる一番大きな金額)を積まれても、絶対、渡しません!

それほど猫好きなら、よほど猫に懐かれているのだろうと思われるかもしれませんが、残念ながら、それは疑問。なにせ、しまごろうは誰がどう見ても夫大好きオーラを出しまくり、態度でも示していますから。ミーコは世渡り上手。夫と私に対して、時と場所を使い分けて甘えてきます。

それもコミコミで、その浅はかさも含めて、かわいい…。

また、毛ざわり、体の柔らかさ、ちょっと汗臭い体、ウンチくさいお尻(しまごろう)などもコミコミで、ただそこに存在するだけで体中の疲れが吹っ飛び、膝が崩れるくらい、わが家の猫たちが大好きなんです。

よその猫ももちろん嫌いではありませんが、わが家の猫とは比較にならないのです。ごめんなさいね~。

わが家の2匹は今年の7月で13歳です。ここ数年はシニアなりの健康と運動量を維持していますが、いつ、状況が変わるのかはだれにもわかりません。

いつ、何が起きてもいいように心の準備を心がけていますが、事実には負けるでしょう。今から、ペットロスになる自信が大ありです。暇なとき、そんなことをずっと考えると、涙さえ出てきます。我ながら想像力がたくましすぎです。

猫は家につくといわれていますが、わが家の二匹はヒトについてくれたと思います。

日本からはるばるやってきたクアラルンプールで、いつもどおりのわがままをしてくれるときに、それを感じます。

彼らがとにかく健康でありますように! 毎日、ご飯をやり、水を替え、トイレを掃除するたびに静かに心に祈ります。


【今日の2枚】

*邪魔の仕方はそれぞれです
130130-miiko.jpg
「私の右を通してごらんなさい」


130130-shiamagoro.jpg
「僕の鼻先で止められるようじゃないとね」




スポンサーサイト
| 20:46:31 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。