■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
クレームを見送ることに
先日、大家さんと町内会の会長さんにクレームレターを出す予定だと日記に書きました。

でも、当座、見送ることにしました。

実は、臭いと毛をまき散らす家の私とは逆のお隣さんは、すでにクレームをしていたようで、それが功を奏しているようで、消臭剤がまかれている?犬はサマーカットになっている?のです。

「今日も臭さがファンキーだ~!」と訳のわからないことを言っていた、臭いに特に敏感な夫と話し合い、そうすることにしました。

できれば、穏便にしたいのが本音ですから。

しかし、水回りの不具合の工事はまだ残ります。工事担当者とはすっかり顔見知りになりました。

このような不具合は、マレーシアで暮らすと当たり前のことです。

そう思って暮らす方が精神的に楽な気がします。






スポンサーサイト
家の不具合 | 19:15:48 | トラックバック(0)
クレームしなくちゃいけない
以前に、このブログでも書きましたが、数か月に1回、水回りの不具合が出て、修理を依頼します。

先週は、エアコンのポンプが壊れて水漏れがあったので修理。

今週は、明日、天井にある水道管が壊れているので修理に来てもらいます。

そのたびに大家さんとSMSでやりとりしますが、わが家の大家さんは善良で、わりとすぐに対応してくれます。

こういうやり取りは、わが家のような駐在員ケースでは、不動産、あるいは夫の会社の総務の人にお願いするのが通常ですが、事情を説明できるのは私なので、間に人を入れず、私が直接、大家さんとやり取りするように頼りにされています。

まあ、いいんですけど。

大家さんも工事担当者と私に直接のやり取りを任せます。この方が、時間短縮ができて効率はいいと思います。伝言ゲームで誤解が生じることもありますから。

でも、今日、新たに上がった案件では、不動産、あるいは夫の会社の総務担当の人に、お任せしたいと思ってしまいました。

お隣さんの2匹の犬がまき散らす異臭と糞の未処理がセミDに暮らすわが家より、そのお隣さんであるAさんから一緒にクレームしようと声がかかったためです。

ここに暮らすのは2年と決まっています。

出来ることなら穏便に、私たちに我慢できることなら、ノークレームで過ごしたかったのですが、実は、セミDのお隣さんの犬の異臭には前々から我慢に我慢を重ねてきました。

私の限定的ではありますが観察によると、大型犬二匹の散歩なし、シャワーなしによるものです。

とくにシャワーがないための異臭と毛が風に乗ってわが家の庭に毎日着陸します。

Aさんは、糞の置き去りが気に食わないようです。ハエがたかっていると言っていました。

Aさんは、中国系マレーシア人。セミDのお隣さんは、カナダ人(白人のご主人と中国系カナダ人)。

今日は、クレームレターを、英語レッスンで先生と一緒に作りました。

夫に確認してもらって、明日、大家さんと町内会の会長さんにレターを提出予定です。

ああ~、しんど!















家の不具合 | 21:37:00 | トラックバック(0)
恵みの豪雨
2月22日(土)23時ごろより、雨が降り始め、あっという間に豪雨となりました。

まさに恵みの豪雨です。



日常生活 | 23:00:14 | トラックバック(0)
ドライバーのリズムをパターまで
数あるクラブの中でドライバーが一番好きです。

テークバックの出だしのスピードを一番気にします。

かなりゆっくりです。

この「ゆっくり」を、FWやアイアンでも真似すればいいと、最近気づきました。

「FWでなるべく飛ばそう」「アイアンでグリーンに乗せよう」と考えると、早打ち&手打ちになることに最近、気づきました。

そして、その「ゆっくり」は「パター」でも使えると、先週のゴルフ木曜会で気づきました。

先週はBANGI GRでしたが、ここのグリーンは見かけと違って(?)、とっても速いのです。

今まで10回くらいは回っていますが、一緒に回ってくれる先輩たちが口を酸っぱくして教えてくれますが、ようやく、そのことを私自身の体と頭が理解しました。

こんな感じですから、100が切れないんですね。

やはり、それなりの理由はあるものですが、でも、ゴルフの階段は一歩一歩しか登れないようなので、どころか、ときどき期せずして後ずさりすることもありますが、新しい気づきがあるのは、うれしいことです。






ゴルフ | 08:42:31 | トラックバック(0)
MY TEKSI
昨夜、初めて、MY TEKSIサービスを利用しました。日本人の友だちのホームパーティに参加するため、アルコール飲酒の後の運転を避けるためでした。

MY TEKSI ⇒ こちら

MYは「私の」のMyと、マレーシアのMyをかけていると思います。TEKSIはタクシーのこと。iPhoneなどのGPS機能を利用して、現在地を知らせ、タクシーの呼び出しや予約が、オペレーターを介さないでできるサービスです。

現在地付近を走る運転手が、直接「OK」の名乗りを上げてくれます。

私はiPhoneの無料アプリとしてDLして、友だちの家への往復の予約をしました。

このサービスのいいところは、「タクシードライバーの名前と車ナンバーと携帯番号が登録されいてるので、普通に考えて、悪さはできないだろうなあ」というところ(ちなみに、優良ドライバーしか登録されていないといわれています)。

そして、「現在地付近にいるドライバーの数がわかり、目的地までの料金の目安もわかる」ところ。

いいかえれば、タクシー乗車で不安な「流しで身元の知れないドライバー」「メーターではなく値段交渉してくるドライバー」を避けることができるよさがあります。

この2点は大きなストレス回避になります。50歳過ぎたオバサンにとっても。

だから、昨日以前まで、私は夜のタクシーに一人で乗ったことはなかったのでした。箱入り妻なんです、私、でも、箱の底は抜けているけど?!

夜のタクシーは利用しないなんて、過剰に気にしていると自分でも思っていますが、ここは外国。何があるかわかりません。

夜目では私も一応は女性に見えます。何かあっては、私の家族、夫の家族にいろいろな負担を強いることになります。

何より、何かあっては自分が一番嫌な思いをしますからね。

でも、MY TEKSIは、たった2回の利用ですが、安心度はかなり高かったです。

ただ、難点があるとすれば、予約の際に希望の行先へ行ってくれるドライバーが潜在的に80人いても、受けてくれる人はゼロということもありえること。指定した時間にほかのお客さんがいたり、別の遠い場所にいることも当然あるでしょう。

でも、マレーシアに1年ちょっと暮らした直感で、きっとドライバーが嫌がっていると思いました。

でも、その際の回避方法もあります。チップをはずむことです(チップを入力する欄もある)。

実は地元の、いつも利用するタクシー会社に電話したところ、私の行先に対して「追加で5RM」を言われました。

1年以上利用していますが、初めてです。きっと、行先が客の拾いにくい、ドライバーが好まない場所だったのでしょう。

ここでは、ドライバーが場所を選ぶのが当たり前ですからね。

でも、最初からチップをはずむ必要はありません。

何回か予約作業を繰り返して、つかまらないようならチップもありかもしれません、という程度です。

お抱え運転手でもいれば、タクシー利用は気にしなくてもいいのでしょうが、いるわけないし、今後も利用しようと思います。









日常生活 | 21:44:59 | トラックバック(0)
福建人のお正月
2月8日(土)に町内会で個人(中国系マレーシア人)主催の花火が上がりました。

昨年は、大晦日に上げていたので、今年はなぜこんな中途半端な日に?と思って、隣の隣の中国人に質問すると「お正月を祝う2週間の間に、いつ上げてもいい。」と教えてもらいました。

ところが!

英語レッスンでインド系の先生に花火のことを話すと、「福建人のお正月は8日だ。」と教えてもらいました。

出身地によって、お正月が変わるの?!

半世紀も生きてきて、知りませんでした。

シンガポールの日本人会のHPに説明がありました。さすが、7割が中国系の国ならではの情報ですね。⇒ こちら

そういえば、家の前にサトウキビがあったような、なかったような…?!

今年の花火は、福建出身の中国系が上げたようです。昨年とは違うのですね。














日常生活 | 20:23:52 | トラックバック(0)
雨が降った!
雨が降ったことがわざわざトピックになるようなここ1か月のクアラルンプールでした。

まったく雨(スコール)が降らないのです。安心して洗濯物を外に出して出かけられるほど。

しかし、今日の16時ごろ、私の住んでいるエリアで通り雨がありました。

その後、雷もなったのですが、いつもよりおとなしめ。

とくに水不足の情報もなさそうですが、庭の芝や鉢植えの植物がかわいそうで、夫が帰宅後、水やりをしています。

チャイニーズニューイヤーが開けたら乾季に入ると…とローカルの中国系の友人は言っています。

ゴルフをするのにはキツイ、暑い、暑い日々がやってきます。

でも、南国のゴルフはやめられません。冬のゴルフはもうできないかもしれません…。

















日常生活 | 19:53:08 | トラックバック(0)
町内会の爆竹と花火
1月31日(金)はチャイニーズニューイヤーでした。

それから2週間、お正月は続きます。

ところで、昨年のチャイニーズニューイヤーでは、前日の大晦日に、町内会の中華系マレー人による爆竹と花火がありました。

爆竹は、横10軒位の家の前に設置して、100メートル弱の長い列で爆発し続けます。町内会の行事ではなく、個人でやるものです。

その音は鼓膜を突き刺し、爆発で紙くずや周辺の小石などが足元に飛んできます。当たると痛いです。

煙はもくもくと上がり、視界を遮ります。

初めての経験で新鮮で、爆竹の終わりには私も思わず拍手しました。

そして今年、いわゆる大晦日の1月30日(木)、町内はしんと静まり返っていました。

「ついに警察の手が入って今年はできなかったのかな。」などと夫と話していましたが、2月8日(土)の11時半深夜、けたたましく爆竹が鳴り響きました。

あわてて音の鳴る方へ行くと、去年と同じ人たちの仕業でした。

ビール片手に楽しみました。

▼証拠写真
140208-1.jpg


そして、その後、花火も上がりました。

空に打ち上げられる花火を真下から見る経験は、去年に続いて二度目です。

火薬を包んだ紙も足元に落ちてきます。

きれいさと音の迫力は、日本では味わえないものです。

そもそも、日本では免許や資格を持たない個人がやることは許されていないでしょうね。

ローカルの友人によるとマレーシアでも個人でやることは禁止されているらしいのですが、それがやれてしまうあたり、マレーシアのおおらかさというか、私が惹かれてしまう魅力のひとつです。

もちろん、危険と隣り合わせ、自己責任の世界です。

ところで、昨年は大みそかに爆竹も花火もあり、てっきり大晦日の行事だと思い込んでいたので、今年はなぜ8日なのかとご近所さんに尋ねてみたら、「チャイニーズニューイヤーは約2週間あるので、その間のどこでやってもいい」という返事でした。

昔からのルールなのか、最近のルールなのかはわかりませんが、自分のスケジュール次第というのも、いいですね。またひとつ、マレーシアが好きになりました。














日常生活 | 21:29:28 | トラックバック(0)
着道楽
1回、オーダーメイドで洋服を作ったくらいで「着道楽」も何もあったものではありませんが、自分ではかなりOK!という出来になり、公開します。

kidoraku300x400-1.jpg

写真のブラウスをローカルのお店でオーダーメイドしました。バジュクロン(マレー服の一種)の上のオーバーブラウスを模したもの。

下のレギンスは日本で買ったユニクロ製です。

カジュアルでも、ちょっとかしこまった場所でも着られるブラウスがほしかったのです。

布を買って(約16RM)、デザインイメージを伝えて、作ってもらいました(40RM)。合計約56RMは、今のレートでは約1,800円。

このお金を出せば、同じようなデザインのブラウスは十分買えますが、この世でたった一枚のブラウスとなると、値段以上の価値を私は見出してしまいます。

お店は、クアラルンプールでロングステイするTMさんに教えていただき、上の写真は、ミニファッションショーと題して、A子さんのお家でMさんもいっしょに写真撮影しました。

4人のオバサンのミニファッションショー。

とーーーっても楽しかったです。

こんな楽しみ方があるのだと、先輩に教えていただきました。
















日常生活 | 22:30:18 | トラックバック(0)
ホタル観賞とグルメ
クアラルンプールの郊外まで足を延ばすと、日本ではめったに味わえない観光を経験できます。

ホタルの鑑賞は、そのひとつ。⇒ こちら

マレーシアのホタルは、日本のホタルのように、ほのかに輝いて、消えたりついたりではなく、白い光がずっと点灯しているように見えるので、それが特徴で、おススメです。

なので、ホタルの大群が止まる木は、クリスマスツリーのように見えるのです。

詳しい情報は ⇒ こちら

ホタルの鑑賞は暗くなってからなので、その前の腹ごしらえも大切、そして楽しみなイベントになります。

上のセンターからは少し車で走りますが、川べりの素敵な海鮮料理を味わえるショップロットがおススメです。

サンセットを楽しみながらのディナーで、雰囲気がよくて、安くておいしいです。

私が実際に行ってよかったのは、このお店。

ほとんど中華系のローカルの人たちばかりでした。つまり、安くておいしい証拠です。

「碼頭海鮮樓」Restoran Makanan Laut Jeti ⇒ こちら

ショップロットの、さらに奥まったところ(川べり)にあります。











日常生活 | 21:36:47 | トラックバック(0)
2014年アクロバティックライオンダンス三昧をした
1月31日はチャイニーズニューイヤーで祝日でした。

それ以降、いわゆるお正月三が日みたいに、クアラルンプールはとくにショッピングモールにおいては、お祝いムード一色でした。

でも、多くの中華系マレー人は故郷に帰るのでしょう。道路はガラガラ。

駐車場が込むのでいつもは避けているKLCCやミッドバレーのメガモールにも行きました。

そして、アクロバティックライオンダンスを、これでもか!というくらい、はしご&堪能しました。

ライオンダンスというのは中国式の獅子舞のこと。

また、頭に「アクロバティック」とつくのは、「トラディショナル」と区別されているようで、見ているこちたらはらはらするような舞を見せてくれます。

2メートルくらいありそうなポールをケンケンパ状に配置して、その上を二人組の獅子が息を合わせてぴょんぴょん飛んでいくのです。

…と書いてもイメージしにくいですよね。

youtubeにこんなビデオがありました。⇒ こちら

ミッドバレーのメガモールで行われたものです。私が見たものと同じだと思います。

ぴょんぴょんとポールを移動するのも面白いのですが、お尻フリフリの仕草がまた最高にかわいいのです。

主だったショッピングモールではどこでも見られます。

もちろん無料です。















日常生活 | 11:24:06 | トラックバック(0)
105と105
今週と先週のゴルフ木曜会は、Monterez GCCで行われました。

スコアはどちらも105でした。

52と53が各ハーフのスコアでした。

100は切れていませんが、下記の理由で、この数字には大満足です。

・ハーフの数字がほぼ同じで、安定している。

・ハーフが55を切れている。

ベテラン先輩が言ってくださった「この調子でいけば、いつか自然に100が切れる」というのを改めて信じていいのではと思いました。

100切りの前に、このような数字を出し続けていくこと。それが100切りにつながるのだと、はっきりわかりました。

昨日も同組のベテラン先輩に「かなり練習しているでしょう?」と言っていただきました。

わかる人にはわかってもらえるのですね。そういうこともわかりました。

とはいえ、突然、大叩きをすることもあるのがゴルフですが、それも、何回か経験済みです。

一朝一夕には行かないことを常に念頭に置いて、コツコツと真面目に練習を続けようと思います。










ゴルフ | 00:16:10 | トラックバック(0)

FC2Ad