■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
自己ベスト更新の後のゴルフ
ゴルフ木曜会のゴルフは、自己ベスト更新が目的の親睦ゴルフです。コンペとは違います。

でも、毎回の記録をつけて、平均スコアもわかるし、会員内の順位もわかります。

なので、私の中ではオフィシャルなゴルフと位置付けていて、4月10日(木)のゴルフ木曜会で自己ベストの更新はとてもうれしかったのでした。

そして迎えた翌週の17日(木)のラウンド。

やはり、緊張していないつもりでも緊張があったようで、出だしから、ダブルパー⇒トリ⇒トリと散々。まるで初心者ゴルフです。

4ホール目で、ふだんから個人的なゴルフでも付き合いのあるH先輩と同じフライトで回っていたのですが、先輩に「落ち着いて。」と言われて肩を叩かれました。

はっとしました。私、緊張していたみたいなんです。でも、まったく無自覚で…。

その後は、どうにかカムバックできて、110も何とか切れて、ほっとしました…。

しかし、あのスタート3ホールの奇妙な感覚。今、思い出してもぞっとします。

変なスコアは出せないなあと、無意識のうちに思っていたのでしょうね。

あるいは、あわよくば、もう1回更新なんて、とか。

本当に、欲深いことよの~。

そして、H先輩の洞察力と優しさに感動したラウンドでもありました。

私もこんな先輩に早くなりたいです。












スポンサーサイト
ゴルフ | 16:51:12 | トラックバック(0)
「水飲み二段活用」、またの名を「横着飲み」という
猫はどんなふうに水を飲むものでしょうか。

わが家のしまごろうは、「水飲み二段活用」スタイルです。


140419-1.jpg


140419-2.jpg

「水飲み二段活用」は、またの名を「横着飲み」とわが家では呼んでおります。

ミーコはこんな飲み方はしませんからね~。










| 20:45:24 | トラックバック(0)
わが家の猫さま~バカ親のなせるわざ
愛猫ミーコとしまごろうが始終ご機嫌さんでいられるように、ここKLでもヒトの生活用品まで提供しています。一例を挙げてみましょう。

まずは、ミーコさま。

仕事用にと、数年前に奮発して買った事務椅子(約5万円)は、ミーコのお気に入りです。

私がそれに座ってPCをたたいていると、下から見上げて「みゃあ」と一鳴き。

「どけろ」と言っているのです。

そのまま私が居座っていると、いつまでも鳴きつづけます。

仕方ないので、ミーコに譲り、私は5千円の事務椅子に移動します。

続いて、しまごろうさま。

私のベッドがなぜかお気に入りのご様子。

その他のお気に入りの場所と順繰りしながら、日中、そこかしこで昼寝しています。

夜になり、「そろそろ寝ようか」と思っていると、私のベッドの上ということが多いです。

一緒に寝てくれないかなあと思い、添い寝したこともあるのですが、いらっとした顔を見せたかと思うと、ベッドを降りて行ってしまいます。

「私が悪かったです。二度と添い寝はいたしません。」と、それ以降、私は仮眠用のマットで寝ます。

ところが、こうやって私のベッドをしまごろうに譲ったにもかかわらず、夜中には、知らぬ間にベッドを抜け出して別のお気に入りの場所に移動してます。そして、こそこそと私が自分のベッドに戻るのです。

「二匹に対してしつけがなっていない。」という人がいるかもしれませんね。

それは、残念ながら「バカ親」(親バカよりもっとバカ^^)というものを理解できていません。実は、しつけしたいとは、そもそも思っていません。愛猫たちにストレスなく、いかに心地よく過ごしてもらえるか、それを考えて行動すると、こうなってしまうのです。

まさに、猫さま状態です。


▼威風堂々?なしまごろう
140416-shimagoro.jpg


▼吠えてもかわいいミーコ
140416-miiko.jpg

















| 16:29:22 | トラックバック(0)
苦手なもの
ゴルフの中で一番苦手といっていいのは、実はバンカーかもしれません。

というのも、バンカーにボールを入れることがあまりないので、突出して練習不足なんです。

グリーンまで比較的距離がある場合は、トップして届いて問題ない距離ということで、案外大丈夫なのですが、グリーンを超えるとある池…なんてレイアウトでは、もうびびりまくります。

そして、体は止まって、手打ちになり、ざっくりします。

そのときの私のへっぴり腰を、先日、ベテラン先輩に真似をしてもらいました。

思い切り笑えます! このうえなく、格好悪かったです!

やはりフォームがきれいじゃないと、結果はついてこないのだと、改めて思わされました。

そして、あまりに私が可哀そうだということで、その先輩が打ち方を教えてくださいました。

エクスプロージョンにすることは大前提として、

「ボールは左寄り。そうすればあまり距離が出ない」(ピンが比較的近い場合)

「アプローチの2倍の強さで」

この2点を常に意識していこうと思います。もちろん、体を使うことは言うまでもありません。

とはいえ、本番となると、どうしてもフォローが弱くなります。トップしてしまうのではないかというメンタルの弱さが出ます。

技術も大事ですが、ホントに気持ちも大事なんですよね。

それから、もう一つ、苦手なもの。それはルールです。

いつも、ベテラン先輩に指示をしてもらっています。

でも、いつまでたってもこれではベストスコアが泣くと思うようになりました。

スコアに見合ったルールやマナーもゴルフには必要な気がします。

近く日本に一時帰国の予定です。

ルールブックを買ってこようと思っています。
















ゴルフ | 17:31:04 | トラックバック(0)
相性のいいゴルフ場と飛距離問題
先日、3人のゴルフ仲間と、Amverton Cove Golf & Island Resortへ行ってきました。

ここは、2月下旬に初めてプレイして、91を出したコースです。

今回は、90でした。42+48。今年のベストです。

ここのレディスは、4,521メートルです。先日、ゴルフ木曜会で自己ベストを更新したBangi Golfは、4,328メートル。

ゴルフ木曜会で使っているコースで最長のところは、5,288メートルですから、どれだけ短いかがわかります。

ですが、短いから簡単ということもなく、バンカーや池が巧みに配置されていて、いわゆるトリッキーなコースになっています。

80台、90台で普段回るベテラン先輩も100を叩くコースです。

飛ばないけど曲がらないボールが打てる人には相性がいいコースなんだと思います。

そして、長い距離のコースでも90台で回るという目標を先日掲げたのですが、ドライバーとFWで、ほぼ100%の割合で芯を食った当たりをしないと、100は切れないとわかっています。

技術もさることながら、集中力も必要です。

もちろん、アプローチやパターで補える技術があれば、まだ打つ手もあるのですが、今の私にはそこまでのスキルはありません。

飛距離を伸ばす方法として、伝家の宝刀(?)、4Wを使う手もあります。

日本にいたころは、FWで多用していました。

でも、打ち損じがあること、マレーシアのゴルフ場は平坦なところが少ないこと、また、7Wのほうが打ちやすいことを理由に、4Wはパー3のティーショットでしか使っていません。

これがFWで使えると、大きいのだろうなあと思ったりします。

それには、しばらく練習が必要ですが。

ゴルフは、その段階段階で、悩ましい問題が出てきますね…。







ゴルフ | 20:42:01 | トラックバック(0)
しまごろうの枕
取り込んでたたんだ洗濯物を枕にするのが得意なしまごろう。

きっと、お日様のにおいがするんだね、それが好きなんだね。もしかしたら、外に出たいのかな、男の子だものね。

~なんて親バカ二人で思っていましたが、先日、旅行に行くために、引き出しから出してちょっと置いておいた洋服も枕にしていることを発見しました。

それは、ゼッタイ、お日様のにおいはしません。

じゃあ、彼は、何が気に入っているのか。

もしかしたら、たたんで積み上げた状態が好きなのかもしれません。

洋服の上にで~んと乗るわけではないのです。

頭だけ、洋服にもたれかけて寝ているのです。

一方、ミーコにこの癖は一切ないです。

同じ親から生まれた兄妹ですが、嗜好は違うようです。









| 18:21:40 | トラックバック(0)
自己ベスト更新(99⇒95)
昨日はゴルフ木曜会でした。場所はBangi

思い起こせば1年前、初めてゴルフ木曜会に参加して、そのときのゴルフ場が同じBangiでした。

スコアは116でした。

そして、昨日は、95(バンギコース49、プトラコース46)というスコアで、これまでの自己ベスト99をようやく更新できました。

99からの後がずいぶんと長く、ゴルフ木曜会の同伴者からはいつも「ドライバーやFWはいいのにね。あとは、グリーン周りとパターだね。」と言われていました。

総評という当日の振り返りをするメールマガジンみたいなものを頼まれて書き始めてからは、プレイ当日に配信するので、ラウンド前も中も後もそのネタ集めに集中することもあり、自己ベスト更新はないだろうなあと、ぼんやりと考えていました。

そして、昨日できるとはまったく思ってもいませんでした。そういうものなのですね。

それにしても、この自己ベスト更新は、本当にゴルフ仲間のおかげだと思います。

ゴルフ木曜会で同伴するベテラン先輩方から、たくさんのアドバイスをもらいました。

ゴルフ木曜会の参加者から紹介されたベテラン先輩と回ったときも、いろいろなアドバイスをもらいました。

叱咤激励もありました、「なんで、未だに90台が出せないんだ!」(←そんなこと言われても…)。

ほめはげも叱咤激励も、それもこれもあれも、その背後に「愛」を感じました。私が勝手に感じるだけなのですが(^^)、ゴルフだけでつながっている人たちからの無償の愛は、とても大きな力になります。

いわゆる私たちは「ゴルフバカ」なんですよね。

どうして、ここまでゴルフが好きになれるのか。無償の愛を差し出せるほど。

やはり、ゼッタイに解き明かしたいです、自分の言葉で。

きっとマレーシア(クアラルンプール)でのゴルフにも関係するかもしれませんね。

さて、昨日の振り返りもちょっと記録しておこうと思います。

昨日のスコアは、やはりパターがよかったからです。前半は21叩いたのですが、後半は15でした。36という数字は私にとってはいい方なんです。

最近パターを替えたのですが、その使い方がわからず、いつも不安に思いながらアドレスして打っていました。

先日、こじんまりと回ったラウンドでベテラン先輩に「ライ角どおりにヘッドを置くように(私は極端なハンドアップをしていた)。それからリラックスして打つように」とアドバイスされて、アドレス時の自信につながったのでした。

それから、先週苦しんだバンカーですが、入ったのは1回だけ。これも大きかったです。運がよかったといえます。

ドライバーも安定していました。「バンカーを避けてそこしか置くところがない」というところに結構ボールを置くことができました。

後半は集中力が切れていくのですが、昨日はそれも少し避けられました。パター以外のアドレスの際に「左膝ちょっと曲げる。ゼッタイにインパクトまでボールを見る」と心の中で毎回呪文を唱えました。

この「毎回」といいのがキーです。簡単なことのようで実は毎回呪文を唱えるのは難しいのです。つい、クラブを振ってしまうんです、別のことを考えながら。

別のこととは、前ホールのダメだったところとか、同伴者に褒められて調子に乗った感想とか。不思議なことに、アドレスした際に、何か、別のことが頭をかすめてしまうものなのです。

また、呪文を唱えたからといって、100%完璧にそのとおりにできるわけでもありません。でも、この呪文を唱えないことには、私にとってのグッドショットはないのです。

パターに関しては、この呪文がまだありません。それができれば、95からの更新もあるように思います。

一歩一歩ですね。

来週は、Bukit Kemuning GCRでゴルフ木曜会は行われます。

平坦でライはいいところが多いのですが、なんせ長いっ!

ここで、90台を取れるようになることを、次の目標にしたいと思います。今年の目標は90台を2回出すということでしたが、昨日までにそれを達成できましたので。



















ゴルフ | 11:58:29 | トラックバック(0)

FC2Ad