■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゴルフ・マンスリーレポート(4月)
仕事が忙しく、ゴルフに思うようには行けませんが、週一のレッスンは続けています。そのレッスンの成果は、なかなか出ないのですが、ようやく小さな光が見えた気がした4月は、なんとか2つのコンペに参加しました。←十分じゃない!という声は置いておいて(笑)。

まず、一つ目。15年来の友人が主宰するコンペです。ゴルフ場は立野クラシックGCで、スコアは、IN51、OUT52でした。ダボペースの104を切れるとほっとします。トリやダブルパーがあったことを考えると十分、御の字のスコアです。

叩くホールが出たのは、アプローチがよくないからです。

残りたった50ヤードでもちゃんと腰で打てるよう、にレッスンを受けています。そうなのです、クラブが短くなると、さらに手打ちになります。これはクセになっているようで、直すのは大変。なので、ボチボチ取り組んでいます。

もう一つは、自治会のコンペでゴルフ場は習志野CCクイーンコースです。IN46、OUT48。前後半とも50を切ったのは久しぶりで、日本での94は自己ベスト更新。

100を切るときは、ミスショットがほぼなし、バンカーなし…というのがこれまでのパターンでしたが、今回は、ミスショット結構あり、バンカーありで、このスコアなので、進歩を感じました。

やはり4Wが使えるのが大きいです。距離を稼げます。私の場合、ドライバーより飛ぶこともあります。ミスショットしたとしても、前へ前へと進んでくれます(笑)。

また、ハンデが16の方と回ったのですが(私のハンデは25)、マッチプレイのようにしのぎを削れ、最後まで集中力が切れなかったのも、いいスコアを出せた大きな要因だと思います。

というわけで、なんとなくいい感じの4月でしたが、ゴルフはいいときもあれば悪いときもある、できていたことができなくなることがあるスポーツなので、慢心せず、かつ、楽しむ気持ちを忘れず、次回のラウンドを楽しみにしようと思います。










スポンサーサイト
ゴルフコンペ | 20:41:31 | トラックバック(0)
しまごろうの朝晩
しまごろうは、今週土曜日まで、抗生物質の薬を飲みます。

歯肉の炎症をこの際、徹底的に治めましょう、ということで。

再発の可能性は十分あります。根本的な治療は抜歯ですが、抗生物質の治療に効果があったので、しばらく見送ることにしました。

なので、朝晩、抗生物質を飲んでいます。15歳のしまごろうは、これからも体にガタがきて、いろいろな薬を飲むことになるでしょう。ヒトの老人と同じです。

それは、もう11年目になる、毎日の朝晩の血糖測定、インスリン注射とセットです。糖尿病の猫ですからね。これからずっと、ね。













| 23:09:15 | トラックバック(0)
糖質制限2
糖質制限のことを書いたら、ダイエットが気になる友だちからメールが来ました。

「山」が「平野」になりますからね~(笑)。

夫の場合、会社でのランチが低糖質の丸パン1個とゆで卵2個です。また、日ごろから1万歩を目標に歩いていますし、週末は数時間歩いています。家では、筋トレまではいきませんが、バーベルを持ったり、腹筋をしたりしています。

食事だけでやせたわけではありません。食べ過ぎると(カロリーを取りすぎると)よくないし、運動も大切です。

低糖パンはここで買っています。楽天の低糖工房

数週間に1回程度、ポイントが10倍になるので、そのときにまとめ買いします。お店からのメールをもらって、明日と知りました。たくさん買うので、冷凍庫が低糖パンでいっぱいになります^^。

低糖や糖質制限について、低糖工房のここを読むと、わかりやすいです。








日常生活 | 22:21:55 | トラックバック(0)
糖質制限
昨年10月から、夫が糖質制限を始めました。

ご飯、うどん、スパゲティなど、炭水化物をなるべく取らない食生活のことです。その代わり、肉と野菜はたっぷり食べます。砂糖はラカントやパルスイートに替えました。

目的はダイエットです。夫は、大好きだった日本酒もやめました。

ダイエットはカロリーではなく、糖質制限でできる、糖質を取りすぎるのを防ぐのが基本的な考え方で、ご自身が医者でかつ糖尿病だった江部先生が提唱されています。先生のブログはこちら

下の本を買ってメニュー作りの参考にします。

『食品別糖質量ハンドブック』
toshitsuseigen.jpg

これを読むと、外食で大好きだったうどんも焼きそばもカレーライスも食べられなくなりました。スーパーの買い物で、お惣菜やスイーツは、かならず炭水化物の重量を確認するようになりました。

家飲みのビールは、糖質ゼロの「クリアアサヒ」になりました。低糖質のパンやピザを買っています。糖質がほとんどなくてタンパク質が含まれるゆで卵を食べる機会が増えました。

2種類の食事を作るのが手間なので、私も何気に低糖生活です。毎週土曜日のランチの定番だったナポリタンも、月に2回は食べていたお好み焼きももうずっと食べていません。

もともと、鍼の先生にお肉は毎日100グラム食べるように言われていて、もちろん大好きな野菜は同様に食べていて、そこに炭水化物が減った食生活になっています。

夫のお腹は約半年かけて、少しずつへこんでいきました。「山」がほぼ「平野」になってきました。そばで見ていて、びっくりです。私も若干、体重が落ちました。夫婦してゴルフの飛距離も落ちたでしょうね(笑)。

ただし、飲み会などでは通常どおりです。また、夫も最近は、日曜日くらいは日本酒も飲むようになりました。あんまり根を詰めても…だし、息抜きも必要です。目的が達成できつつある、というのも大きそうです。

何事もほどほど、というのはポイントですからね。

糖質は1日40グラム以下が目標。私の場合、夫ほど厳しくしていなくて糖質たっぷりのスイーツを食べることもあります。私が痩せたのは、糖質ゼロのビールのせいかも(笑)?!

ところで、コンビニのローソンでも低糖質のスイーツなど、出ていますね。こちら

お好み焼きとどら焼きを試したけど、結構イケます!ローソンじゃないけど、モンテールの低糖質ロールケーキ、ほとんど味が変わらないくらいです。

ところで、このような生活では、エンゲル係数が確実に上がります!低糖質の食品が高めなのはそうですが、やっぱりお肉は高い!ですね~。































日常生活 | 12:41:58 | トラックバック(0)
2016年のマスターズ
今年のマスターズの結末、誰が予想したでしょうか。

スピースの12番の池ポチャがなければ・・・。あったとしても1回ならまだまだしも・・。

3日目、特に17、18番。すでにスピースのスイングは狂っていました。

それは、マキロイと回ったから。自分より小柄なマキロイにドライバーで置いていかれると、やはり飛ばしを意識してスイングは狂うそうです。

そして、最終日。完全優勝での連覇を意識して、かつ、調子を落としていくカウフマンにリズムを狂わされ、集中力を欠いていく・・・。

このような話を、組み合わせって、大事だよ・・・と言いつつ、今日のレッスンで先生が教えてくださいました。松山も大ベテランランガーと一緒でなければ・・・。スピースと松山が最終組だったら、ものすごく盛り上がったと思う、とも・・・。

たらればは、いくら話してもしょうがないのですが、ゴルフがいかにメンタルが大切か、そして残酷かということが、今年のマスターズで悲しくなるほどわかりました。









ゴルフ | 20:35:45 | トラックバック(0)
マスターズ初日
アーニーエルスが6パットしたのを見てしまいました。私たちのラウンドではOKパットになるような距離を行ったり来たり。5打目のパットは不用意に入れようとしてそれも外して・・・。

解説の中島プロが、「腕(手)を切りたいと思うと思う」みたいなことを言っていました。

そしてラウンドを続けるエルスに対して、「よく続ける気になった」と激励を送っていました。

マスターズ初日は、デイはイーブン、バッバはまさか3オーバー。

松山の1アンダーは「悪くない」と本人が言うのもうなづけます。

私はにわかPGAツアーファンで、優勝したプロ、あるいは優勝争いをしたプロしか名前を知りません。シニアで活躍されるような、往年のプレイヤーは、ほとんど知りません。

でも、観戦はTVでも楽しい。プロの技、決断、勇気、覚悟みたいなものが伝わってきて、ドキドキはらはらできるのがたまりません。

また、私みたいな素人向けかどうか、とても丁寧に解説してくれる佐渡充高さんが大好きです。情報も語り口も。BSのPGAツアーでおなじみの方です。マスターズは中島プロ、ラウンドリポートは芹沢プロです。例年通り、ですね。

明日の朝は早起きして、松山を応援しようと思います。マスターズがこんなにすごい大会だということを教えてくれた遼くんがいないのは、寂しいかぎりですが。








ゴルフ | 09:54:49 | トラックバック(0)
しまごろう、回復
歯根が炎症を起こして、左顎が腫れていたしまごろう。

病院でもらった抗生物質を朝晩2回飲んでいます。今日で、5日目。

すっかりよくなりました。1週間分をもらっているので、明日まで飲んで、また通院します。

この手の腫れは何度でも起こるので、一番いい治療は抜歯。でも、全身麻酔になるし、しまごろうは糖尿病だし、15歳という高齢だし、判断が難しいところです。

痛くて、ご飯も水もそこそこで、1階に置いてあるキャットハウスに入って、一日中丸くなっているのを見ていると、ドキドキと怖かったです。もともとほとんど寝ていますが、ご飯が大好きだし、若いころのようではないにしても、2階にも上がって、適度に運動しています。それが一切見られないと、このままどうなるんだろうと、悪いことを想像してしまいます。

おそらく歯だろうとは思いつつも、顎にできた腫瘍だったらどうしよう・・・なんて、考えてしまいました。その場合、顎ごと外科手術で取ると、以前、同じ病院で、歯茎の治療で言われたことがあるからです。

そうなると何も食べられないし、恐ろしい外見になります。そこまでして生かして猫のQOLは大丈夫と思えるのか・・・とまで実は考えてしまいました。

15歳なんだから、十分、おじいちゃんなんだからと思いますが、やはり近づくその日を想像すると、心は乱れますね。













| 20:34:37 | トラックバック(0)
糖尿病猫のしまごろうが通院しました。
今日、しまごろうを病院に連れて行きました。持病の糖尿病ではなく、歯のことで。

口の左下から茶色のよだれをここ数週間出すようになり、夫がしまごろうを調べたところ、左下の顎が腫れていました。

猫は口の中に手を入れられるのを恐怖に感じて、とても嫌がります。ついつい、ま、いいかと後回しにしていましたが、今日は食欲も落ちてきたので、通院がストレスになることを承知で、病院に連れて行きました。

レントゲンを撮って、左下の歯の根っこが膿んでいることがわかりました。人間と同じですね。歯槽膿漏みたいなものですね。何しろ、80歳のおじいちゃんですからね。これまで歯磨きもしてこなかったのですからね。猫の歯磨きなんて、まるで念頭になかったですからね。

今回は、抗生物質をもらって、腫れをひかせることを目指します。そのあと、腫れがひけば、全身麻酔をかけての抜歯を検討します。

全身麻酔は、15歳の高齢であること、糖尿病であることで、リスクが大きいのですが、今回腫れが治まったところで、またぶり返すこともあり得ます。対処療法ではなく、根本治療をしてあげたい気持ちがあります。でも、大いに悩むところではあります。

とりあえず、しばらく抗生物質を飲ませながら様子をみることになりました。









| 18:32:19 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。