■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
しまごろうの近況(7月26日)
7月でミーコとしまごろうは17歳になりました。長生きしてくれています。感謝、感謝です。

しまごろうは、糖尿病歴11年目です。ヒト用の血糖値測定器で朝晩、血糖値を測り、それに合わせてインスリン量を決めて注射しています。血糖値測定も注射も、じっとしてくれています。お転婆ミーコだったら、こうはいかなかったでしょう。

ところで、しまごろう、老化ぶりがまずます加速して、5月以降、2階へ上がることが一切なくなり、足を引きずり、おもらしもあって、もしかして、7月の誕生日を迎える前に死んでしまうのではないかと思うほどでした。

ところが、7月26日、いきなり、足を引きずることがなくなり、2階へも上がるようになりました。特に何か治療したり、薬やサプリを与えたりなど、していません。まさに、突然に変わりました。

猫の終末期は、こんなふうに悪い状態といい状態を繰り返すと、何かで読んだことがあります。まさに、それなのでしょうか。

いずれにせよ、この元気ぶりを激写しました。iPhoneのliveで撮ると、ちょっと動きが出て、うれしくなります。

苦しむことがなるべくないように、あるいは少なくなるように、世話を続けたいと思います。









スポンサーサイト
| 21:56:18 | トラックバック(0)

FC2Ad