■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
3センチの厚さのマニュアルのある家
クアラルンプールの家に引っ越すと、まず待っていたのは厚さ3センチのマニュアルでした。

家全体のセキュリティに関することから、家に備え付けの電気、ガス製品の使い方に関するものまでを網羅したものです。

電子レンジに関しては、英語以外に各国語を用意しているので、その分厚さになっているのかもしれませんが、それにしても、量、多すぎです。英語で細かい字の羅列を読む気にはなかなかなれません。

それでも、ガス漏れなどが心配なので、ガステーブルについては読んでみたところ、昨日の日記の情報となりました。この家のシステムキッチン装備の電子レンジ、オーブン、ガステーブルは、fagor製品を使っています。

そのウェブページを読むと、ガステーブルの新製品には点火装置は装備されているようなので、約5年前に建てられたこの家のものは、ちょっと古くなっているようですね。

というわけで、チャッカマンが手放せない毎日です。



ところで、自宅は、最初は利便性や設備、セキュリティを考えて、コンドミニアムを希望していましたが、猫が飼えないとわかり、急きょ戸建てに変更となりました(夫の会社が委託する不動産会社ではコンドミニアムで猫は不可でした。犬は法律でNGと聞いていましたが、近隣からのクレームを嫌がるため猫も禁止だそうです)。

とはいえ、普通の戸建ては怖いので、セキュリティを何よりも優先して「ゲイティッドハウス」(いろいろな解釈がありますが、このウェブが一番イメージに近いと思いました)にしていただきました。

「猫を日本に置いてくるか、コンドミニアムをあきらめて家にするか」という決断をリアルに迫られ、戸建てでも仕方ないか…と思っていたところ、現地の担当社員の方が「○○が住んでいる地域の戸建ては、過去1年半、毎晩、不法侵入者が入るデータがある。ゲイティッドハウスがいい」と強く推してくださった結果です。

ガードマンが24時間体制で常駐はもちろんこと、敷地内をバイクで定期的に巡回しています。

すべての窓に鉄格子がつけられ、鍵の数は1階と2階を合わせて数十個です。

最初は不安でしたが、確かにこれならまず大丈夫かも(どこにいても100%大丈夫はあり得ないと思っているので。たとえ日本でも)と感じ始めています。とはいえ、油断は禁物。ここは外国。日本よりももっと安全には気をつけたいと思います。



【今日の一枚】
ここ数年、ミーコの甘えぶりはすごく、もちろんこれはうれしいことで、こんな膝のリも頻繁な今日この頃
121120-miiko.jpg












スポンサーサイト


日常生活 | 23:46:33 | トラックバック(0)

FC2Ad