■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
マスターズのシーズンで必ず思い出すこと
11日からマスターズが始まりました。藤田選手、遼くんにがんばってほしいです。

さて、日本にいたころ、マスターズの期間中にコンペに参加したときのことです。

コンペ終了の茶話会で、当日優勝者の男性Iさんがこんな挨拶をしました。

「夜遅くまでマスターズをTVで見ていたら、高速グリーンが頭に焼き付いて、今日のグリーンの読みもつい早い印象を持ってしまった」と。

参加者全員の爆笑を買ったのですが、この男性、ハンでは当時15を切るようなツワモノです。ショートゲームがとってもお上手、特にパターは秀逸でした。

このレベルになると、TVの見方も違う!と、驚かされたのを今でもよく覚えています。

以前、ラウンドで同じ組になったときにいただいた一言は「グリーンを外れていてもラフが短かったり、ピンまで平らだったら、パターを使うといいよ」というものでした。

実戦でのこうしたアドバイスは、まさに値千金。それ以来、このアドバイスを肝に銘じるようになりました。マスターズのシーズンで必ず思い出すことでもあります。







スポンサーサイト


ゴルフ | 18:14:31 | トラックバック(0)

FC2Ad