■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Auto Pay
クアラルンプールのショッピングモールの駐車場では、事前清算が基本になります。

「Auto Pay Station」を探して、所定の金額を支払って、その駐車券を出口で機械に通して終わりです。

ただし、「touch'n go」という日本でいうところのSuicaのようなカードを使えるところもあります。このカードは高速道路の支払いに使われるものですが、場所によっては、駐車場の支払いもOKだったりします。

私がよく使う駐車場はこの両者の支払い方法は半々です。今日は、事前清算の駐車場を使ったのですが、清算した後の駐車券を取ってくるのを忘れて出口へ向かってしまいました。

不意に思い出し、出口付近に緊急停車して、「Auto Pay Station」へ直行。

果たして駐車券は残っているのか? もし、なかった場合は、指定の罰金を支払うことになるだろう、それっていくらなのか?と考えつつ、たどり着いたところ、お釣りの出る場所に駐車券が入れられていました。

誰かが、わざわざ、そうしてくれたようです。忘れ物として、どこかに持っていかれなくて、よかった~! まったくもって、気の利いた対応です。 

見知らぬ人の親切に感謝したひと時でした。






スポンサーサイト


日常生活 | 21:18:14 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。