■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ゴルフも言葉が大事
先日のゴルフのレッスンでは、飛距離を出すためのコツを教えていただきました。

生徒の状況やくせによって、そのコツの伝え方(言葉)はさまざまです。

また、そのコツも、ここまでできているベースがあるからここまでできるという先生の見立てもとても大きいと知りました。

日本でのグループレッスンで、先生に、フォローでツンと上につつく感じにするといいと言われていました。

こちらのレッスンでは、先生に、右方向にフォローを出すイメージでと言われました。

どちらも、スイングアークを大きくするという目的は同じなのですが、伝える言葉は異なるわけです。

この言葉をどれだけ咀嚼できるかが、教えられる側の問題ではありますが、教える側としては、どういう言葉で伝えれば本意をわかってもらえるかと考えることになるのだと思います。←生徒がエラそうに(笑)?!

そういう観点からも、お互いの相性はあるのでしょうね。ある人にはとてもいい教えが、ある人にはまったく合わない・・・なんてこともあるんだと、このレッスンで気付きました。

現段階では、右方向にフォローを出すイメージは、感覚的にありだとものすごく思っています。かといって、日本での先生の教え(言葉)が間違っていたというわけではありません。

そのときの私の状態と今の状態は同じではないからです。

ただ、最終的には体で覚えることが大事ですが、体で覚える前提として頭で理解することも大事、つまり、言葉がとても大事なのは確かです。言葉の重要性は、クアラルンプールの先生から学んでいます。





スポンサーサイト


ゴルフ | 21:55:48 | トラックバック(0)

FC2Ad