■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
集中できなかった理由
私のレベルで、「集中」だの「修正」だの、100年早いと思わないではないのですが、私のレベルなりにも考えること、できることがあり、恥を忍んで(笑)、いちいち記録しています。

その「集中」ですが、2日のゴルフ木曜会のブキットウングルの前半ハーフでできなかった理由を考えてみました。

それは、ティーグラウンドで、どの方向を狙ったらよいかわからず、不安で、その気持ちが集中力に勝っていたように思います(不安でもこうと決めたら迷ってはいけないのです)。

ティーグラウンドに立つと、フェアウェイが狭く見えるのですが、実際に進んでみると、案外広かったのでした。そういう作りのゴルフ場でした。

・・・ということを、一緒に回ったロングステイの先輩が教えてくださいました。

その点、先週のバンコクのゴルフ場はティーグラウンドで見たまんまのフェアウェイで、自信を持って狙う方向を決めることができました。

この差はとても大きいのだと、初めて気がついたのです。

もちろん、これがわかったからといって、即集中できて、即好スコアにつながると、単純には考えませんが、こういう事実を一つずつわかっていく、覚えていくことはとても大事ではないかと思います。

さて、ゴルフ後の昼食会で初参加の方の自己紹介がありました。日本では100くらいで回っていたそうですが、この日は110を叩いたとか。次回はがんばりますとのことでしたが、ロングステイの先輩が「内地(日本のこと)よりこちら(マレーシア)は、10増しで考えてちょうど」とアドバイス。

なるほど~!と私の合点がいきました(笑)。

日本からマレーシアに来て、数か月レッスンもラウンドもしなかったせいで(雨季のシーズンもありましたが)、スコアがぼろぼろになったと思っていましたが(もちろんそのせいもありますが)、プラス10悪くなるというのは私にも当てはまったからです。

ゴルフ木曜会は、単にゴルフの実践ができるだけではなく、こういう本には載っていない情報が得られることも私にとっては貴重な体験になります。

ゴルフ木曜会を始めてくださり、ずっと幹事をしてくださっている方々に本当に感謝です!









スポンサーサイト


ゴルフ | 10:10:34 | トラックバック(0)

FC2Ad