■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パターの自主練
以前、レッスンで先生にパターの基本を教えていただいたので、その自主練を今日、してきました。

基本とは「グリップは右手小指と左手人差し指を絡ませない(私は絡ませていた)」「ボールを真上から見る(自分で思っているより前傾が深くなる)」「ヘッドをまっすぐ引いてまっすぐ出す」です。私の打ち方があまりにも自己流でおかしいので、この方法でやってみましょうと教えていただいたものです。

パターは自分がしっくりくる持ち方や打ち方があれば、それでいいそうです。

ところで、私のパターのスコアはかなりひどく、36以下(1ホール2パットまで)を目標にしていますが、40を超えるときも多々あります。

パターが36以下になれば、100切りはそんなに難しくないのでは・・・というのは、先生に教えていただきました。

ゴルフをしている人なら、スコアを見れば誰にでもわかること・・・なのですが、日本ではショット中心の練習をしていて、それが未完成なうちは先へ進めない(パターの練習を「まだしていけない」)と思い込んでいたのです。

私はこのような思い込みがとても多いですね~。

先生にも「殻を破りましょう」としょっちゅう言われます。本当にそのとおりです。思い込みという殻を破らないことには、進歩はなく、思い込むことで、自分で進歩を止めているようなものなのですよね。

そして、それらを一つひとつ破っていくと、私にもできるじゃんという、小さな喜びが待っていることがここのところ、少しずつわかってきたのでした。

たとえば、グリーンの傾斜は私には読めないと思い込んで、いつもキャディーさんがいるときはキャディーさんに読んでもらっていました。

先生曰く「それは、キャディーさんにお金を払って、キャディーさんがグリーンを読めるようにしてあげているだけですよ。」

グリーンはコースによって違うので読んでも意味がないと思い込んでいました。

先生曰く「同じグリーンはもちろんないですが、『読む⇒間違える』『読む⇒うまく行く』を繰り返してしか、上手になりませんよ。」

この2つのポイントは、クアラルンプールで少しずつ実行していて、まだスコアには直接的には表れませんが、ときどき、「これだ!」という手ごたえを感じることが出てくるようになりました。

少しは殻を破れているようです。

ところで、自主練も、ある種の「思い込み」でこれまであまりしていませんでした。週一のレッスンでなんとかなる、くらいに、思っていたのです。

そんな馬鹿な・・・ですよね! 上手な人は驚くくらい自主練しているそうです。そりゃそうです。

私がレッスンを受けているゴルフ場(KLGCC)では、マットの上からではなく、グリーン周りのすべての練習が本番さながらにできます。KLGCCではなくても、クアラルンプールのゴルフ場はどこもそうみたいですが。

日本に帰ったら「ショートゲームがうまくなったね~!」と自治会のゴルフ仲間に言ってもらえると「思い込んで」、自主練に励もうと思います。こういう思い込みはいいそうです(笑)。














スポンサーサイト


ゴルフ | 14:57:48 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。