■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今は、かなわない相手
今日は、ゴルフ木曜会で、ブキットウングル(このブログのゴルフ場の説明が言いえて妙です)に出かけました。ここは、山岳コースともいうべき、高低差のあるとても難しいコースです。

案の定というか・・・。今週もコテンパンに打ちのめされました~。かろうじて先週より一打改善、先週同様120は叩かなかったという・・・。

今の私の実力では、手も足も出ない、とっても『かなわない相手』ということが、1週目ではまだ夢が見れましたが、2週続けての参加で、それが身に染みて、わかりました。

それでも、不思議と、気持ちは晴れやかです。

そりゃ、自分の理想とほど遠いスコアが出れば、悔しいに決まっています。でも、スコアに一喜一憂するだけではなく、冷静に自分の現状を知ることも同時に大切と、バンコク遠征からの私は思うようになっています。

ここは、一打一打に集中しようと思っても、常に迷いや不安を駆りたてるコース設定になっていると思います。

「ティグラウンドでは狭く見えるフェアウェイ、しかし、そのフェアウェイに行けば、こんなに広かったの?となる」

「グリーンの旗が見えないフェアウェイ(ドッグレッグと高低差)では第二打が打ちづらい」

「距離は短いのに池とバンカーで、ティーショットの狙いどころを迷わせる」

「グリーン周りレイアウトのいやらしいバンカー」

「高低差のある打ち上げや打ち下ろし」

などなど、プレイヤーに無言のプレッシャーを与え続けるコースなのです。

キャディーさんがいてくれたら、また違ったと思います。でも、最終的には自分で判断できることが大事なので、失敗を重ねることことが勉強になる・・・と自分を慰めないとあまりにも辛いコースなのです。

でも・・・。

うまく行ったところも何度かありました。

このライでは4Wが使えると判断してナイスショット。

打ち上げのグリーンのアプローチで、番手を上げる判断をしてナイスショット(ほぼオン(苦笑))。

1オン、2パットで理想的な攻め方ができたパー3。

などなど、現状の実力で十分満足できるところもあったのも事実です。

「ダメだった!!!」と落ち込みすぎることもなく、「こんなはずじゃない!!!」と嘆くこともなく、ある意味、淡々と回れた一日でもありました。

でも、もちろん、悔しいですよ~。でもでも、この悔しいと思う気持ちも大切。練習しようと思うことにつながるからです。

2週続けてのラウンドで、いろいろなことが勉強になりました。

そして、あえて一言、「ゴルフって奥が深い~!!!」









スポンサーサイト


ゴルフ | 21:38:41 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。