■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
車の運転と50歳
クアラルンプールに引っ越したばかりのころ、2週間ほど早くやってきて、あちこち車で回っていた夫に案内されて、いろいろなショッピングモールに出かけました。

聞き慣れない地名(以前、駐在経験があったといっても、約15年以上前のことなのですっかり忘れている)、わかりにくいGPS(ガーミンくん。男性の声のナビなので、私は「くん」づけで読んでいる)の見方と道路標識、かつ、50歳という年齢も考えて、今回の駐在では運転はできないかもしれないと半ばあきらめていました。日本でも知っているところしか運転しなかったし。

ところが、車がないことにはどこに行くにも不自由をすることに気づき、夫に頼んで中古車を買ってもらったのですが、慣れれば運転できるものですね。

週末ごとに何度も夫に連れて行ってもらっているうちに、聞き慣れない地名も覚えられましたし、GPS(ガーミンくん)にも道路標識にも徐々に見慣れてきました。50歳という年齢も、まだまだ大丈夫でした~。

ちなみに、運転に慣れるのに一番役立っているのが、ゴルフ場に行くことです。

ゴルフ木曜会の仲間に入れてもらって出かけるのですが、今のところ、どこも初めてのところばかり。まだ、日が昇らない真っ暗な中を、GPSのガーミンくんだけが頼りで運転しますが、差し迫った目標が一番効果があるのでしょうね、程よい緊張感の中で運転の練習ができていると感じます。

日本ではGPSにお世話になったことは一度もありません。GPSそのものが初体験となっています。初体験といえば、スポーツクラブのヨガクラスに2か月ほど通っていますが、これも思っていた以上に楽しいのです。この年で、いろいろな経験ができるのは幸せでありがたいことだ思いますが、そう思えるうちは、まだある意味、気持ちは若いということなのでしょうか。

50歳という年齢は、妙に中途半端で、自分の中で、いちいち、年齢と相談することが増えています。悟りすぎるのも早すぎるし、かといって年齢不相応に先走ることは避けたいし、これは、この年になってみなければ、わからないことでした。60歳になったら、どう感じるようになるのでしょうか? この日記を読み返して「まだまだ青かったわね~」なんて、言っているでしょうか? それも楽しみです。













スポンサーサイト


日常生活 | 18:03:03 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。