■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドライバーからパターまで
今日は珍しく朝からどんより。今にも雨が降りそうな(朝からこんな天気はクアラルンプールではほとんどない)雲行きで、案の定、10時くらいからざっと来ました。

朝は曇っていても10時ごろから晴れることが多いので、洗濯機を回したのに・・・。

このせいで、今日のゴルフレッスンは、昨日のラウンドを受けて、グリーン周りの練習をお願いしたかったのですが、急きょ、打ちっぱなしでのレッスンとなりました。

先生とのマンツーマンレッスンでは、私が希望する内容を先生にお願いできるシステムです。

今日は、p/sを見てもらいました。なんと、ここ半年で初めてでした。私、ちょっとできるつもりでいたので。

ところが、右にスエー、右足体重になったままギッコンバッタンで、先生もびっくり、今までロングアイアンでできていたスイングがこれではくずれると、必死に直してくださいました。

どうりで、ショートアイアンでは飛距離が思ったより出なくて、コースでは番手を上げて打っていました。


ところで、これまでの約半年の先生のレッスンでへなちょこスライスをドロー系になるように変えていただいていました。

テークバックではその場でくるりと体を回して、フォローで左体重に移動してボールをヒットします。ヘッドの重みを感じながら、自然に左手を返します。言葉にすると、ホント、当たり前のことなのですが、右にスエー、右足に体重を残したまま、それだとカットにボールを打つことになるので、フォローで左ひじをひいて調整・・・みたいなへなちょこスイングをしていたのです。もちろん、今でもその癖は出ますが。

少なくとも練習場で、先生が見てくださる前では、できている感じ。でも、コースではできない。

でも、基本をとにかく丁寧に、まさに手取り足取りで教えていただきました。

50歳のオバサン相手に大変だったと思いますが、本当に根気よく、時に厳しく、レッスン最後は必ず一つでも成果を見つけてほめてくださるというスタイルで。毎レッスンの締めとして最後にほめられるのは、この年でもうれしいものです(笑)。

これで、ドライバーからパターまで、先生から基本はしっかり教えていただいたことになります。

あとは自主練あるのみ。週一で受けてきましたが、次回のレッスンは6月にお願いしました。今後はときどき、月に2回程度、先生にチェックをお願いしたいと思っています。「下手の固め打ち」が一番避けたいことだからです。

ところで、このレッスンスタイルは、日本にいたら、絶対なかったと思います。

つまり、ショートゲームに目を向けて、そこのレッスンを集中的にするという発想は、なかったです。もちろん、私が希望すればできたと思いますが、当時、そういう視点は私にはなかったのでした。

クアラルンプールに来て、スコアを伸ばしたいならショートゲームがポイントと先生に教えていただきました。目からうろこでした。

この教えをスコアにつなげられるかどうかは、私の自主練しだいになりました。

コツコツがんばります。いつも、こればっかり言ってる気がしますが(笑)。

*ここで日本人プロにレッスンを受けています。おススメです。

KLGCC











スポンサーサイト


ゴルフ | 20:47:46 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。