■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大いにためになるラウンドin Bukit Kemuning GCR
今日のゴルフ木曜会も収穫の多い一日でした。

会の発起人である女性と一緒のバギーで回りましたが、バギーの進め方、ゴルフクラブのフェアウェイでの置き方、同じフライト内の仲間に対する気配り、配慮など、とてもたくさんのことを学べました。

もちろんゴルフのスキルに関することも。

バンカーでは、通常の2倍で打ち込むこと。10ヤード以下のアプローチでは、左足を絶対伸ばさないことなど。

実戦で身に付けられたスキルをご自身の言葉で教えてくださったのですが、それがすっと私の中に入り、この日のバンカーは一発で脱出できました。

それが大きかったと思います。先週よりもスコアを改善できました。

100切りはすぐには無理だとしても、110切りを目指したいと思っていて、その一歩手前でした。

ところで、今日は、すこぶる晴天の一日で、上がり3ホールはちょっときつかったです。

ラウンド後のランチでみんなの話を総合しても、今日は耐久レースのような日だったとのこと。

2リットルの水筒にスポーツドリンクを作って持っていくのですが、絶対2リットルでは足りないと思って、途中の茶店で500MLのスポーツドリンクを購入して、それで、どうにか、熱中症にならずにすんだかと思っています。

「日本の夏に比べてやはり日差しはきついですか?」とよく聞かれますが、感触としてはほぼ同じ、ただ、マレーシアは常夏で、涼しい時期、寒い時期がなく、年中、熱中症のことを気にする違いがあるだけかなと思っています。

しかも、18ホールを休憩なしで進むスルーですから、そこは体力を使います。

ひとつ、新発見がありました。

一緒に回った女性は、ベストは83という腕前の、すごい方ですが、飛距離は私とほぼ同じでした。つまり、以前はわかりませんが、現在は、飛距離でスコアをまとめるというよりは、ショートゲームが秀逸で、そこを目の当たりにして、大いに勉強になったのでした。

飛距離がないから100は切れないというのは、本当に、単なる言い訳で、ショートゲームがうまくなれば、飛距離がなくても比較的距離が長めのクアラルンプールのゴルフ場でも100を切ることは可能と思えたことです。

逆に言えば、言い訳ができなくなり、自ら自分の首を絞めることになりますが。

でも、希望の光が見えた気がして、自分の目標をさらに確信できて、本当にためになるラウンドでした。




スポンサーサイト


ゴルフ | 21:29:16 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。