■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
風邪をひいた理由
昨日、風邪のことを書きましたが、ひき始めにすぐに薬を飲んだので、すぐに治りました。

のどの痛みと微熱がありました。

なぜ、常夏のマレーシアで風邪をひくのか、というと、強すぎる冷房のせいです。思い当たる節があります。

一昨日、ワンウタマというショッピングモールに出かけました。

ここにはイーオンが入っていて、イーオンブランドのスポーツ飲料の粉末を買うために出かけたのですが、化粧品コーナーで、店員さんと立ち話というか、営業トークを聞かされたというか、私もいろいろ質問したから答えてくれたというか、で、かれこれ30分、その場にいたら、急に悪寒が走ったのでした。

私は自分の風邪ひきのパターンをわかっているので、これはまずいと思い、すぐに立ち去ったのですが、遅かったようです。

帰宅してしばらくして体がやけに重いなあと思ったら、夕方には微熱がありました。

何しろ、ローカルの店員さんは長袖を着ていますからね~。というか、厚手のジャケット系を着ている人もいます。

油断してはおるものを持って行かなかった私の自己責任による風邪でした。

Tシャツと短パンで気楽に過ごせる常夏の国マレーシアですが、建物の中の冷房には要注意です。







スポンサーサイト


日常生活 | 21:06:14 | トラックバック(0)

FC2Ad