■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ここは外国と思わされたこと
猫たちのためにクアラルンプールでは戸建てに住んでいます。コンドミニアムでは基本、ペットを飼うことは許可されていません。

戸建てはコンドミニアムに比べると防犯の点で心配が大きいので、ガーディッドハウスといって、住宅地の周りを塀で囲み、24時間体制でガードマンのいるガードハウスでビジターは厳しく点検されて、許可されないとは入れないというところに決めました。郵便職員でさえ、そうです。

ローカルスタッフが、戸建ては地域のどこかで毎晩のように空き巣が入るから、ガーディッドハウスにした方がいいと言ってくれたアドバイスを聞き入れたのでした。

そのアドバイスよりも、ある意味、住み心地を優先した夫の同僚の家では、3か月で3回、空き巣に入られたそうです。同じエリアで。

ということは、わが家にもその可能性はあるわけで、約7か月暮らしてみて、わが家のガードマンのガードぶりには大いに信頼と安心感を持っていて(現に、新築から約5年、一度も不法侵入者を許していないというのが自慢の住宅地です)、最近は、ここがマレーシアとは思わず、日本にいるときと同じ安心感で暮らしていたのです。

ところが!

夫から今日、会社の同僚について話を聞きました。

20代のデンマーク人女性ですが、クアラルンプール中心地(わが家から空いていれば車で15分)、シャングリラホテルから徒歩数分のコンドミニアムに住んでいるそうですが、この半年で、1回空き巣に入られたそうです。

警備がしっかりしてるといわれているコンドミニアムで???!!!←実は、コンドミニアムに出入りできる業者が怪しかったりするそうです。

また、夜の外食に出かけた際に、バッグのひったくりに2回、携帯電話を手に持った途端にひったくられること1回、だそうです。たった半年で!

くわばら、くわばら~!!!

中心地は、やはり怖いのだと、いろいろ聞いていましたが、改めて思いました。

さすがにこの女性、夫や同僚からは「遭いすぎだろ!」と突っ込まれているそうですが、どうやら夜の遅い時間帯、白人女性ということで特に狙われたようですが、「ここは外国」と改めて思わされたのでした。

私は自衛として、夜の飲み会にクアラルンプールの中心地に出かけたことはこの7か月、一度もありません。帰りはタクシーを使わないと帰れない(バスも電車も通っていない)のですが、女性一人でタクシーに乗るのが怖いからです。

繰り返しますが、空いていればたった15分ほどの距離なのですが・・・。

私は、バッグも見てくれより、たすき掛けできるものや、腕ではなく肩から掛けられるものを使っています。

昼間でも屋台やコーヒーショップではバッグは斜め掛けしているか、膝の上です。テーブルやいすの上には絶対置きません。

そんなに身構えていては、楽しい経験もできないのでは・・・と言いたい人には言わせておきます。

私は私なりの自衛と防犯を、ここに滞在するかぎりは続けたいと思っています。義理人情より、ときには友情よりも優先させるつもりです。夫を含む家族、そして日本にいる大切な友人のためです。



【追記】

夕方、夫はいったん車で家まで帰って、出張に来ている同僚との夕ご飯のためにクアラルンプールの中心地へ再び出かけて行きました。

その際、財布から、使わない複数枚のクレジットカードを抜き(メインの1枚だけ残し)、必要最低限の現金だけにし、また、車のキーも置いて、出かけました。家のキーはズボンのベルト通しにひっかけていました。

彼なりの自衛です。夫の場合、飲みすぎて「自らみなさんに提供する(落とす)」心配もあるからですが。←前科あり!!!











スポンサーサイト


日常生活 | 20:09:55 | トラックバック(0)

FC2Ad