■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ある週末の午後
どうしても日本の食材がほしい場合には、ワンウタマにあるジャスコに買い物に行きます。

あの日本のジャスコ(イオン)ですが、地元の人もたくさん来ています。

ある日のこと、みそや漬物を置いてある一角で、「(買わないけど)どれどれ、たくあんの値段は?」とチェックしていたところ、中国系マレー人女性に声をかけられました。

「みそを買いたいんだけど、どれがいいかしら?」

とっても上品なご婦人がだんなさまと買い物に来ていらっしゃる、そんな印象です。

「できれば、大豆臭くないのがいいの。」と言われます。

うーーーん。大豆臭くないみそ?!正直、わかりません。

しどろもどろしていると、以前、ここで買ったことがあるのは、パッケージに入った3種類の出汁入りとのこと。

とすると、1種類しかありませんでした。

「これですよ。」と示したところ、「そうそう、これ!」とわかってくださり、「ありがとう!親切な人ね!」と握手され、とても喜ばれました。

また、実はこの日は、めんつゆを買おうとジャスコに来ていたのですが、そのコーナーで、やはり中国系のマレー人女性に「そばに合うしょうゆはどれ?」と聞かれました。

お一人で来られていました。

私も買おうとしていたものでしたので、すぐに「これです。」と教えてあげたところ、おもむろに近くの棚に置いてるそばを持ち上げて、「これに合うよね?冷たいそばに?」と再確認されるので、大丈夫と答えました。

この日は、たまたま立て続けに質問されてしまったのですが、日本食に興味を持ってもらえていると知るのは、異国の地にいて、やはりうれしいことです。

15年前の駐在でも、手巻き寿司など日本食のレクチャーをして、地元の主婦友と交流していました。

ローカルのきゅうりはみなさん、皮をむきます。日本のきゅうりは皮も食べられるし、むしろ皮がついていた方が色のコントラストがきれいなので、中身を見せつつ皮を残す切り方を「伝授」(…というほどのものでもないのですが)したのを覚えています。

「なるほど!」とみんなに感動してもらえました、とりあえず、その場は^^。

主婦同士が「キッチン同盟」を結べれば、少しは諸問題の解決にならないかなあと、お気楽に考えてしまう週末の午後でした。


【今日の一枚】
吠えるミーコの勇ましさよ!←甘え吠えです
121126-miiko.jpg











スポンサーサイト


ローカル交流 | 22:28:22 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。