■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
6.20今日の一言「気楽に」INゴルフ木曜会モンテレス編
自分のゴルフより気になったのが、今日の「石松」対決。

ゴルフ木曜会ラウンド終了後にiPhoneでチェック。

えーーーーーー!? 遼くん、最下位?!

アメリカでもここのところ予選は通過するものの、以前に比べて今ひとつな印象を受けている遼くんを応援したくなるのは、日本人オバサンの総意のように思いますが、ただ、この結果、いっそ潔くて、2打差、3打差などの中途半端な数じゃないところは遼くんの真骨頂のような気がして、明日は、PCにかじりついて応援したいと思います。

さて、今日の自分のラウンドはというと・・・。

自己ベスト更新には3打及びませんでしたが、ハーフとも55を切り、あのトリッキーなモンテレスのコースでこのスコアは、もう、すごく満足です。

でも、この結果は、実はM先輩の一言にありまして・・・。

アウトスタートの10番ホールの第一打、池越えが絡むのですが、前回(1か月半前くらい)、ナイスショットでした。

私の場合、このいい記憶は、次には得てしていい結果につながりません。

一打に集中できないみたいです。それがわかっていながら、不用意にショット。

案の定、左にそれて、右へ左へのラフめぐり、OBもあり、パー5で9打を叩きました。

しょっぱなからこれだと、あとが思いやられます。

11番ホールで、ドライバーの素振りをしていると、次の組でグリーンにあがってきたM先輩が私を見て「気楽に、気楽に」と声をかけてくださったのです。

きっと、必死の形相で素振りしていたのでしょうね、私。←こわ~

その気持ちはマイナスに働くと判断されての一言をくださったのだと思います。

というのも、実はその一言で、憑き物が急に落ちたような感覚で「そっか、ここで素振りしたところで付け焼刃がすぐに効果を出すとはかぎらないものなあ~」と思えて、その後、気楽に&気持ちよく、ラウンドできたのでした。

こういうときの第三者の一言、とーーーっても自信になります。

でも、この一言、声をかける人にも勇気がいることと思います。

受け取る人によっては、余計なおせっかいにとられかねない訳ですから(私はこういう一言は、大、大歓迎の「あまちゃん」ですが)。

そういうことも込々で声をかけてくださったと思うので、そういう心持ちが、本当にものすごくありがたかったのです。

だって、先輩には、私がナイスショットをしても、あるいは自己ベストを出しても、返ってくるものなど何もないのですから、純粋に、「応援」の一言なわけです。

ゴルフ木曜会は、こんなふうに、利害関係が一切からまない、純粋にゴルフが好きな人が毎週木曜日に、お互いの自己ベスト更新を目指して、ゴルフだけに集中する会です。

そこには、成績も、年齢も、男女の関係なく、お互いに気持ちよく回る・・・ということだけが根底にあります。

私はみなさんから、まだまだいただいてばかりなのですが、いつか、誰かに、おすそ分けできる日が来ることを信じて、練習に、ラウンドに、励みたいと思います。












スポンサーサイト


ゴルフ | 22:17:59 | トラックバック(0)

FC2Ad