■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
英語の本を書く人として
マンツーマンで、1時間/回、2コマの英語のレッスンを受けています。つまり、週2時間(2回)のレッスンになります。

日本にいるときから英語のマンツーマンレッスンは、たとえ月に1回でも受けていました。そうしないと、現状維持はおろか、レベルはどんどん下がる一方だからです。

そう考えると、英語が日常会話になっているクアラルンプールで生活できるのですから、英語のブラッシュアップをするには最高の環境といえるでしょう。

ところで・・・。

英語の本を何冊か出版している私ですが、本を出しているからといって、日常会話がペラペーラで通訳ができるレベルとかでは全然ありません。

日本語英語の発音丸出しで、相手に通じないことも起こりますが、そこは大きな声を出して、言いたいことを主張するという度胸で乗り切っています。

実は、基本はこれでいいと思っているんです。

特に大人になってから習う外国語は、母国語の日本語が助けになる場合もあれば、逆に足を引っ張る場合もあります。

そもそも、子どもに比べてはるかに柔軟性にも欠けます。加えて、いろいろな諸事情で英語の勉強だけに集中できない状況もあります。

だとしたら、今、できる力と度胸で乗り切るしかないのです。

こんなことを書くと本を買ってくれた読者の方、買おうとしてくださっている方に失望させてしまうかもしれないのですが、こんな、ちょっと情けないかもしれない著者でも、本を書く意義はあると思っていて、英語がネイティブばりにできる人には理解ができない、英語ができない人の立場に立てる強みが、私にはあるのでは・・・と思っているのです。

それは、辛い勉強を少しでも楽しくする工夫を考えることなんです。私の本は、基本的にイラストや漫画が中心になっています。

まだまだ完成形とまではいっていないと思いますので、そこを少しでも極められるように、英語のブラッシュアップもさることながら、ますます深く考えていくつもりです。

~なんて、今日は、自分の本の宣伝&決意表明がオチになりました。失礼っ!!!









スポンサーサイト


英語とマレー語 | 22:56:05 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。