■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヘイズ
先週半ば、家の中がタバコ臭い?と思うときがありました。お隣さんが外で吸ったタバコの煙が我が家に入ってきた?と思っていましたが、これこそが、ヘイズでした。

先週20日に、ヤフーニュースにもなっていたので、ご存知の方も多いでしょう。

マレーシア、ジョホール州大気汚染レベルが危険水準に…野焼きの煙「ヘイズ」が要因

ヘイズとは、インドネシアのスマトラ島の野焼きが原因で起こる煙害のことですが、今年は大きな山火事も起きているようで、その影響も大きく、ローカルの友人曰く、こんなにひどいのは1997年以来だとか。

1997年といえば、1回目の駐在で、ここクアラルンプールに住んでいました。遠い記憶を一生懸命にたどれば、確かにあの年のどんよりとした空を思い出すことができました。南国の青い空・・・のイメージからかけ離れたものだったので、印象に残っていたようです。

1997年のヘイズ

さて、スマトラ島の野焼きの煙がなぜマレーシアに?というと、モンスーンに乗ってシンガポールやマレーシアまでやってきます。ジョホール州は、マレーシアの最南端の州で、シンガポールと隣接しています。

さっそく、日本人会からヘイズに関する注意喚起のメールが届きました。

マレーシア政府のサイトが紹介されていましたが、この地図を見ると、スマトラ島とマレー半島の位置関係がよくわかります。

この時期は乾季で雨も少ないのですが、ここ1週間以上、雨は降っていません。てっとり早くヘイズを取り除くには雨頼み・・・しかなく、天の気まぐれを待つしかないようです。






スポンサーサイト


日常生活 | 20:26:44 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。