■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人間ドックの結果~三つ子の魂百まで
午前中、人間ドックの結果を聞きにパンタイホスピタルに行きました。

総合内科のDr.Lauに総合受付をお願いして、日本人スタッフの伊東さんにコーディネートしてもらったものです。

気になる結果ですが、「とってもいいですよ。」と言っていただけました~!

先週、超音波や胃カメラの写真に問題はないと言ってくださっていましたし、私の生活習慣(適度な運動、適度なお酒、野菜中心の食生活、喫煙なし、など)を聞いて、また、2005年以来、毎年人間ドックを受けていることを聞いて、すでにお墨付き、みたいなことを言ってくださってはいたのですが。

でも、クアラルンプールでの生活も7か月を過ぎ、中性脂肪やコレステロールの数値は、どんなに変わっているのか、変わっていないのか、血液検査の結果がとっても気になっていました。

外食も多くなりましたし、マレーシアの食事は味も濃く、何より油がたっぷりなもので、また、それらを私が大好きときているもので。

でも、どれも、問題なし! 正常値の範囲内に収まっていますし、ほぼ、1年前に受けた日本の人間ドックの数値と変わりませんでした。

やった~~~!

総合判定もオールAで、ド田舎の優等生(私のことです^^;)の自尊心を大いに満足させてくれました。こういう数字の出る結果には、「燃える」タイプなのでした~。

もし、B判定でもC判定でも出ようものなら、必死に計画を立てて、正常値に戻すように努力すると思います。

医者にとっても優等生の患者だと思います。

どうしてそうなの?と言われても、ド田舎の優等生の悲しいサガとしかいいようがありません。

要は先生にほめられたいのです。50歳のオバサンになっても、三つ子の魂百まで、のようです。







スポンサーサイト


日常生活 | 20:28:25 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。