■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
生きてくれているからこそ、味わえる悩み
今日から7月。月めくりのカレンダーに「猫ワクチン」と書いてあります。

1年間で有効期間が切れる狂犬病ワクチンを、しまごろうとミーコに打つ月なので、忘れないようにメモしたのです。

日本に帰るときの条件は、マレーシアに入国するより厳しくて、狂犬病ワクチンを有効期限内に打っておくこともそのひとつ。

21日までに行けばいいのですが、今から緊張~。

私に時間と気持ちの余裕があって、猫たちの体調もよさそうな日にちを選ぶのですが、あんまり早いと、来年のワクチン接種が早くなるので、できるだけ、21日にぎりぎりにと思いますが、あんまりぎりぎりで、猫の体調が突然悪くなったら打てないし、嫌がる猫たちをバッグに入れるのもおっくうな作業だし、道中、みゃあみゃあ鳴かれるのもかわいそうで私にもツライことだし・・・。

・・・と、堂々巡りに、うようよ、いじいじと自分でもバカみたいと思うくらい、今から悩んでいます。

でも、こういう悩みは、幸せな悩みだと思います。生きてくれているからこそ、味わえる悩みですから。

糖尿病猫のしまごろうは、一度、生死をさまよったことがあります。

先生から危篤と言われて、覚悟を決めた覚えがあります。

それ以来、朝起きると、必ずしまごろうのところまで行き、体を揺り動かします。夜中に目が覚めたときも同じです。

寝ているとはわかるのですが、あえて「大丈夫だよね?」と確認するのです。すっごく嫌そうな顔で私をちらりと見てくれて、やっと、安心するのです。








スポンサーサイト


| 10:56:09 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。