■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
招かれざる客
決して心は狭くない方だと思っている私ですが、さすがにご遠慮願いたい…と思っている方々(二家族)がいます。

その方々は挨拶の仕方も知りません。子どものころに親から習わなかったのでしょうか。知っている人に会ったらちゃんと挨拶するように、と。

おそらく、習っていないのでしょうね。その親も挨拶をするのを見たことがありませんから。

彼らの目的は、どうやら食べ物のようです。

どちらかといえば慈悲深いと思っている私ですが、勝手にお出でなる方々へ何か差し上げるほど奇特ではありません。

一方の家族、A一家と仮に呼びましょうか、は、食べられればなんでもいいのでしょうか。わが家の貴重なミーコとしまごろうの療養食にまで手を出します。

日本から高いお金を出して買ってきたものです。たぶん、マレーシアでは販売されていないものと想像しています。それを食べられたのでは、たまったものではありません。

ですが、多勢でやってくるものですから、無勢では太刀打ちできず、こちらがおどおど引き下がります。

もう一方の家族、仮にC一家としましょうか、は、見つけられるとすぐに隠れるので、まだかわいいかと思いきや、その風貌はこちらをおののかせるには十分で、隠れればいいというものではありません。

また、神出鬼没といいましょうか、驚くようなところで遭遇することが多く、油断がなりません。つい昨日も、洗濯した後の、洗濯機の底にいらっしゃいました。

いつの間に入ったのでしょうか? 知らずに洗濯してしまいましたよ。気持ちが悪いので、もう1回洗濯しましたよ。

この招かれざるA一家とC一家にどう対応したらいいのか?

コンサルタントに相談したら、ペストコントロールがいいとのこと。

確かに、前回から7か月が過ぎました。確かに、最初の数か月はまったく見かけることがありませんでした。

半年に一回はした方がいいというアドバイスですから、最近、目にすることが多くなったのもうなづけます。

近いうちに、「退治」してもらうつもりです。

さようなら、アリさん一家。さようなら、ゴキブリさん一家。











スポンサーサイト


日常生活 | 12:36:03 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。