■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゴルフには下手くそなりの理論あり
昨日のゴルフ木曜会は、後半、集中力が切れ、私の悪癖が顔を出してスコアをまとめられなかったのですが、その悪癖にも、ちゃんと理論があるのです。今日のレッスンでわかりました。

いくつか悪癖はありますが、そのうちの代表的なものとして、テークバックで肩の回しが足りないでスウェイする、というのがあります。

これが出ると、ヘッドが先に走り、かぶってボールに当たります。

すると、へなちゃちょこスライスになることを「習慣的」に「体が理解」して、インパクトからフォロースルーにかけて、手首と、肘を曲げた腕でまっすぐ飛ぶように調整するのです。

左手は返りませんし、フィニッシュは大変、見苦しいものになります。

まれにうまく合って、まっすぐに飛ぶこともありますが、飛距離のロスがとても大きいです。

疲れると、また、集中力がなくなると、この悪癖はにょろっと顔を出します。

…というような分析を今日、先生にしていただいて、目からうろこでした。

その「理論」にのっとって、私のへなちょこスイングを先生は再現して見せてくださるのですが、「それ!それ!」と驚くぐらい見事に当たっています。自分でも無意識の自覚があるのです。でも、指摘されないと気づかない…。

このあたりが、まだまだだめなんですよね~。

先生は、私が早く独り立ちできる(先生に見ていただかなくてもすむ)ような形でレッスンしてくださいます。そこがまた、この先生のとてもいいところですね。

KLGCCでレッスンを受けています。

ところで! 話はまったく変わるのですが、昨日のゴルフ木曜会は、一昨日の夜からの緊張ぶりはすごくて、いえ、緊張というか何か嫌な予感がするというか、いつもと違って何か悪いことが起きそうな、違和感バリバリで出かけました。

交通事故でも起こすのか、はたまた何か別の事故に遭うのか。

ざわざわした気持ちでいっぱいになり、正直、ドタキャン(もちろんキャンセル料は支払うつもりで)しようかと思ったほどだったのですが、結果的には、無事、行って帰ることができました。

しかし、今日、約1,300球のボール代(約5,000円)の入ったビジターカードを、打ちっぱなしに忘れてしまったようです、レッスンの後で。

夜になって気づいて電話しましたが、紛失物として受付には届いていないとのことでした。そりゃそうだ! 名前も書かれていないし、ラッキー!と、そのまま、赤の他人が使えるカードなので。

あの、ざわざわ感は、このことを予測していたのでしょうか? きっとそうでしょう。そう思うことにして、決着(厄落とし)をつけようと思います。





スポンサーサイト


ゴルフ | 22:40:06 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。