■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
暑中お見舞い申し上げます
●夫の転勤により、2012年10月より約2年間の予定で、マレーシアの首都クアラルンプールで暮らしています。今回2回目の駐在となりますが、クアラルンプールはシンガポールとよく混同され、認知度はかなり低いのではと思っています。知り合いの子ども(年長児)が「夏休みにクアラルンプールに行って来た」と保育士に言ったところ、「“コアラのプール”(意味不明:笑)に行って来たの。よかったね」という返事が返ってきたとか。まるで笑い話ですが、実話です。

●そんなマレーシアですが、ここのところ7年連続(2006年~2012年)で「日本人が老後に住みたい国NO1」となっています(財団法人ロングステイ財団の調査より)。ここは、前回の駐在(1997年~1999年)と大きく変わったところです。これはマレーシア政府が推進してきたMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)プログラムの成果といわれています。

●マレーシアが選ばれる背景には、日本の経済事情(財政赤字や年金などの問題)が大きいようです。マレーシアは物価が安く、確かに贅沢をしなければ、日本の三分の一のお金で暮らせます(ゴルフの場合、日本の1回分で4回ラウンドできます)。また、最近の傾向としては、2011年の3.11(東日本大震災)を受けて、地震と原発リスクを避けて移住する人たちも多くなっているようです。

●このような環境の中で、私は、日本から連れてきた愛猫2匹の世話をしながら、私の中の理想のおばあちゃん像を目指して、特に英語のレッスンとゴルフに時間を使っています。マレーシアは多民族国家です。クアラルンプールでの生活では英語ができればほとんど問題はありません。英語学校も充実していますし、日本から短期の語学留学をする人もいるようです。私はマンツーマンレッスンを受けています。先生はローカルで、日頃疑問に思うことが解決されることもあり、一石二鳥、レッスンはとても楽しいです。

●ゴルフは、ネットで「ゴルフ木曜会」というところを見つけ、可能な限り、木曜日のラウンドに参加させてもらっています。主に、ロングステイの方たちがメンバーですが、「来る者拒まず」「自己ベストの更新を目指す(コンペではない)」という趣旨がとても気に入っています。日本とタイでしか100を切ったことがないので、当面、100切りを目標としていましたが、ついに、6月27日(木)に「99」を出せました。マレーシアのゴルフ場は、「日本のスコア+10」といわれるくらい、難しいコースが多いです。


▼愛猫2匹が水飲み中。こんなふうな愛猫の写真ばかりが増えています(笑)。
左:しまごろう(約6キロ)/右:ミーコ(約3キロ)、同じ年に生まれた兄妹です。
130709-nihiki.jpg












スポンサーサイト


日常生活 | 17:29:41 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。