■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
外出時の気がかり
ゴルフなどで半日以上、家をあけるとき、一番、気になることはしまごろうの血糖値です。

朝晩、血糖値を計り、インスリン注射をするのですが、外出時に低血糖になることを何より避けたいと思っていて(直接、死に関わることなので)、どうしても、インスリンを少な目に打つことになります。

そうすると、夜は、インスリン不足で血糖値が高くなりがちですから、いつもの時間より早めに注射するようにして、血糖値をコントロールしています。

ざっくりと、猫の血糖値の正常な数値は、70~140です。ヒトとそんなに変わりませんね。

インスリンが効きすぎて低いときは、50前後。逆に足りない場合は、300を超えることもあります。

しまごろうの平均値は、200前後です。実は、この数字をコンスタントに保つのは、案外難しいです。そしてこの数字で、もう7年間生きてくれています。

なので、ほぼ、問題なく、しまごろうの血糖値をコントロールできているとは思うのですが、完璧ということはありません。

ヒトもそうですが、いつ、何時、何があるかわかりません。病気の猫ならなおさら。

だから、半日以上家をあけて戻ってくると、しまごろうの様子を知りたいがために、ダッシュで家に入ります。とぼけた顔で昼寝をしてくれていると、心からほっとします。

これは、長時間、外出した際は、毎回のことです。飽きもせず…。それどころか、外出した直後は、「どうして、しまごろうを残して、長時間外出することにしたんだろう」と一瞬、後悔するほどです。出かけたら出かけたで、出先で楽しんでいるのも事実なのですが。

楽しい、でも、心配。心配、でも、楽しい。

一日の中で、せわしく心が動くのです。長時間の外出は、疲れるはずです?!



▼くつろぐ「ふたり」(左:ミーコ/右:しまごろう)
130710-nihiki.jpg













スポンサーサイト


| 20:28:07 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。