■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遠い親戚より近くの他人
ことわざ「遠い親戚より近くの他人」を地で行く生活をしています。

というのも、わが夫は出張がちで、私自身プチシングルの生活を送ることが多いのですが、「近くの他人」が、なにかれとなく心配してくれ、気遣ってくれます。

「一人でさびしいときは、いつでも電話してね。ランチでもディナーでも一緒に行こう。」⇒実際に、本当に付き合ってくれる。

「ゴルフに誘うからね~。」⇒実際に、本当に誘ってくれる。

ローカルの友だち、そして、ゴルフ木曜会の仲間が、男性女性問わず、50歳のオバサンを気にかけてくれるのです。

これはうれしいですよ~。

日本にいるときから夫の出張は多く、プチシングル生活には慣れていましたが、ここは外国。何かあるときにどうしようと、心の片隅で常に感じているわけです。

今のところ、幸いなことに何もありませんが、もし何かあったとき、きっと助け船を出してくれるという仲間がいるという安心感は、何事にも代えがたいですね。

自分の身内や義理の両親たちと疎遠というのではありません。メールや電話でやりとりすることはありますが、約5,000キロの距離はやはり大きいように感じます。

ゴルフ木曜会でも思っていることですが、いただくばかりでは申し訳ない。お互いさまの精神でお返ししたいし、新しいメンバーにお返しすることで「お返しの循環」を絶やさないようにしたいと思います。

ローカルの友だちには、いつでも日本に遊びに来てほしいと思っています。

甘っちょろい考えだと思いますが、「お返しの循環」がうまく流れれば、殺伐とした世の中は少しはましになるのではないか。草の根的に信じて行動したいなあと思います。










スポンサーサイト


日常生活 | 20:18:37 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。