■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レッスンを卒業
6月ごろから、週一でお願いしていたマンツーマンのゴルフレッスンを、月2回程度にしていました。

しかも、ゴルフ木曜会の翌日にレッスンを入れて、悪かったところのおさらいをしていただいていました。

それを8月からは月1回、あるいは、おかしいなあと悩んだ時に見ていただくサイクルに変えることになりました(もちろん、事前に先生のご都合をうかがって、レッスン日を決めることには変わりありません。ドタ参はないです)。

自分の中では「卒業」の気分です。

すべてが完璧というわけではありません。実践の回数と自分で考える試行錯誤の時間を増やすことにしようと思ったのです。

この日もドライバーと4Wのショットはほめていただきました。一方、P/Sの打ち方はインパクトで右肩が早く回りすぎて、左に飛ぶ&距離も出ない打ち方になっているのを指摘していただきました。

どうやら、クラブが重いので自分でコントロールしようという気持ちが強く、グリップは強いし、ヘッドを回そうという意識につながっているようです。

先生の教えのとおりに「トップでコックを意識し、ヘッドの重みを感じ、左腰を回し過ぎない意識にする」と、P/Sのハーフショットで70メートルも飛びました。

私がやっていたへなちょこスイングだと、ピッチングのスリークォーターの距離です。

こんなふうに、変なスイングだとクラブの持っている力を使いきれないんですよね。

アイアン、特にショートゲームはまだまだ発展途上ですが、基本は先生に教わったと思うので、自分の頭で考えながら練習をしようと思います。

そして、先生にまたいい報告ができるようにしたいです。









スポンサーサイト


ゴルフ | 17:55:06 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。