■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
常夏の奇跡
クアラルンプールで日本と同じように暮らしてくれているわが家の愛猫たち。

引っ越しの長旅で寿命を縮めたのではないかと心の隅で常に思っている身にとっては、何より幸せなことです。

しかし、こういう幸せな時間があると、人間、つい、欲をかいてしまいます。

その欲とは…。

二匹のくっついた姿が見てみたい、というものです。

冬は寒さをしのぐため、二匹はいつもくっついて猫団子になっていました。毎日見られる、冬の風物詩でした。この猫団子がまた最高にかわいい~!のです。

ところが、常夏のマレーシアではそんなことはほとんどありません。

ところが! 奇跡の瞬間をカメラでとらえました。くっついていてもやはり暑いと感じるのか、すぐに離れてしまうので、その姿を寝室のベッドの上で見たときは、わなわなとふるえながらiPhoneを取りに行って、撮影した写真がこちら。

▼前から(左:しまごろう、右:ミーコ)
130723-1.jpg

▼上から
130723-2.jpg

▼接触部のアップ!(ミーコのお尻としまごろうの後ろ足)
130723-3.jpg

わずかな接触部を見られて眼福のひとときで、その瞬間をカメラに収められて、満足~な午後でした。







スポンサーサイト


| 17:53:51 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。