■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
親ばか稼業も楽じゃない?!
わが家の猫たちはあまり人とくっつきません。飼い主の私たちでさえ、です。

「いつも一緒に寝てくれるの」・・・という友だちの話にどれほど嫉妬したことか・・・。

ところが、クアラルンプールでの生活では、ここ1か月くらいでしょうか、ミーコは一緒に寝てくれるようになったのです! うれしい誤算でした。

といっても、添い寝とか、そんなレベルではまだ(?)ありません。

左側の足元(定位置のようです)でひっそり寝ている感じです。しかも、私が寝入っている間にやって来ます。

なので、左側に気づかないで寝返りを打つと、意図的ではないにしろ、ミーコを蹴ってしまうことがあります。

そうすると、「どけろ」とミーコは勝手に判断するようで、ベッドから降りて、いつも座る、お気に入りの安物のプラスチック製の椅子に戻ります。

これだけはゼッタイ避けたいと思っていて、最近は「寝返る瞬間」に意識的に目を覚まし、足元で優しくミーコを探し、いるとわかると、そっと寝返るようにしています。

また、そのあとすぐに寝入ることができるので、しばらくこんな状態で毎晩を過ごすことになりますが、親ばか稼業も楽ではありませんね~。








スポンサーサイト


| 17:31:43 | トラックバック(0)

FC2Ad