■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
7.25ゴルフ木曜会はドライバーが不調
今まで調子が悪くなかったドライバーが今日のゴルフ木曜会(Bukit Kemuning Golf & Country Resort)では、驚くほどダメでした。

フィニッシュで自分でも見えるほど上半身が左にかぶさってきて、ボールは左斜め前に10ヤード飛ぶだけ、というのを、3、4回してしまいました。

パー3を除く14ホールで、1回程度というのは過去にいくらもありましたが、3回も4回も!というのは、ここ1年という単位でも見ても初めてです。

自分でも驚きました。

1回起こって何とか調整しましたが、しきれず、3、4回となったのですが、不思議なことにスコアは、54+51と、まとまっています。同じコースを回った先週より3打改善です。

第2打以降、アプローチ、パター含め、いつもよりよかったということでしょう。

また、ちょっと前なら、ドライバーがこんなだと、「ああ、今日はもうだめだ」とすべてが悪いと思い込み、ガタガタと崩れていたのですが、それがなかったというのは自分の中の進歩だと思いました。

ドライバーが少々おかしくても、ゴルフはよくいわれるように「あがってナンボ」です。なのですが、このことを心から理解するにはそれなりの時間、今日まで、を要したのでした。

その他の反省は、50センチ超のパットを2、3回外したことです。

特に下りのスライスラインは苦手意識があり、しっかり打てません。つまり、ただ当てるだけ。そうすると、読みより手前で曲がるので入りきらなくなります。

短い距離もしっかり打つ、というのは基本中の基本で、レッスンで先生に言われましたし、この木曜会でも何度も先輩方に教えていただいていることです。でも、できません。

ビビリの性格が出てしまうんですよね~。このあたりはまだまだ課題です。

ところで、不調だったドライバーの原因は、テークバックが回りきっていなかったことではないかと思っています。私の悪い癖のひとつで、腰ではなく、肩だけ右に回すというのがあるのです。

このあたりは、ここまで回したらOKとか、ここまで回さないとNGとか、レッスンも受けましたし練習もしますが、何か目印があるわけではありません(自分なりのものを見つけたいと思っていますが)。体が覚える部分なので、本番になると、できなくなるというのはよくあることです。

それが今日だったとわかることはとても大切で、ドライーバーが悪くてもほかでもカバーできたり、「今日はもうだめだ」なんて決めつける必要もありません。

そういうことがストンと腑に落ちるようにわかったのは、もう一度書きますが、ちゃんとした進歩だと、ちゃんと自分を認めてあげたいです。





スポンサーサイト


ゴルフ | 20:43:45 | トラックバック(0)

FC2Ad