■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ひらめいたこと
家から車で5分のところにあるKLGCCの打ちっぱなしに行ってきました。先週の木曜会のゴルフでドライバーが不調だったので、その練習のためです。

今日は、平日と比べるとお客さんが多くて、いつもは1階を使うのですが、やむなく3階に向かいました。ちなみに、2階はメンバー専用席です。

3階は初めてでした。日本では、2階でレッスンを受けていましたし、今日はそんなに階の違いを深く考えずに3階で練習したのですが・・・。

こ、こ、こわい~~!!!

足元のマット左端から80センチ(目分量。正確には今度測ります!)先は、床も、当然ながら壁もありません!!!

普通に立っているだけならどうってことはないのですが、右股関節に乗せた体重を左に移動させるのが怖いと思える距離感でした。勢い余って・・・ということもあるもので。

2階は日本でも経験があったのですが、2階と3階ではこうも違うのか!とも思わされました。

それでも、せっかく来たので練習したのですが、恐れをなして右足に体重が残るクセにつながるのをとても警戒したのも事実です。これは、アマチュアに多くありがちな傾向なので。

ところが!

実際に打ってみて、先週25日の木曜会では、飛ばしたい意識のあまり(これは無意識っぽいところもあるので手におえないのですが)、左に早く体重移動しすぎて、力みのある上半身が左にかぶさったのではないかと、思い当たったのです。

というのも、左に体重移動して落ちる(?)のが怖くて、右足に体重が残るのを、いい意味でも悪い意味でも意識せざるをえなかったのですが、そうすると、左45度に10ヤードという当たりには絶対ならない!と気が付くことができたのです!

これは、体重移動のタイミングを図らずも意識的に調整したことになります。

インパクトのぎりぎりまで右足股関節に体重を残しておいてもいいのかもしれない(それが、たぶん、正解?)、と、感じたのでした。

8月に先生に一度見てもらう予定です(卒業したとはいえ、月に1回程度、先生にスイングチェックをお願いする予定)。

この感覚について、ぜひ、先生に聞いてもらいたいと思いました。




スポンサーサイト


ゴルフ | 20:48:44 | トラックバック(0)

FC2Ad