■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
100RMが戻りました。
庭の木物語1庭の木物語2を書きました。

わが家の庭の木はモリンガといいます。そのモリンガの木の枝を剪定するのに100RMを支払ったところ、大家さんが、それを補償してくれました。

賃貸の家の庭の手入れは住居者の負担だろうと思いますが、木に関してはどうなんだろう?と思いつつ、その木がお隣さんの屋根に乗っかって迷惑をかけている以上、すぐに対応が必要で、大家さんに連絡しつつ、わが家負担で対応したのでした。

かかった費用ですが、現金で返ってきました。本日、ポストに投函されていました(笑)。

会社経営者の大家さんは、使用人に頼んで投函させたのでしょう。

でも、使用人が投函するにしてもガードハウスを通さなくてはいけなくて、敷地内に入る人はすべてチェックを受け、かつ、訪問先に電話を入れてOKかどうか確認を取って、その後でないと入れません。

私の携帯に電話はなかったので、顔パスできる人か、あるいは、ガードマンが投函したのかもしれません。

ちなみに、封筒の宛名には「MRS KOMIKO」と書いてありました。

KUMIKOではありません。マレー語では「KO」と書いて「KU」と読むのでしょうか。

ローカルの友だちに聞いてみようと思います。

ところで、こんなふうにお金を戻してくれる大家さんは、奇特な人だと、ローカルの友だちにも言われました。私も見聞きするさまざまな大家さんの話の中でも、とっても良心的な人だと思いました。













スポンサーサイト


日常生活 | 19:14:35 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。