■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
8.22ゴルフ木曜会「初の荒波賞をいただいて」
日本への一時帰国で1週間お休みして、2週間ぶりに復活したゴルフ木曜会ですが、Monterez Golf & Country Clubで行われました。

距離はそれほどないのですが、フェアウェイもグリーンもうねりにうねっていて、毎回80台のスコアをコンスタントに出すハンデシングルの方も95を叩かれていました。

私はといえば、Out56、In49で、初の荒波賞というものをいただきました。

前半より後半のスコアが一番多く改善した人が対象になります。

別に大波賞というものがあるのですが、これはハーフが55以下でないといけません。レベルの高い(?)賞になります。

賞をいただいたことはとってもうれしいのですが、今日一番うれしかったのは、ハーフで50を切れたことです。40台を出せると、練習のし甲斐、ラウンドのし甲斐を感じます。

ところで、今回は、その練習は2週間せず、また、風邪が治らない状態での参加となったのですが、その割には105というのは、もう十分という感じです。

そして、その2週間で練習もラウンドもできない代わりに山口信吾さんのゴルフの本を数冊読んだのですが、この木曜会の日記を書くのがはばかれるように、いろいろ打ちのめされました。

ハンデシングルの方のゴルフの奥義が書かれた本を読むと、みなさん、そろいもそろって毎日、練習や素振りをされています。それがまず基本中の基本!

週一の練習で、100切りができない理由をのうのうと書く自分が、なんとおこがましくずうずうしいのだろうと、穴があったら入りたくなりました。

そして、「練習すれば必ずうまくなるものではないのがゴルフ。」と言われるハンデシングルの方がいて、なんとなくそういうものを感じていたので、ここにも妙に納得したのでした。

クアラルンプールで教えを乞うているプロも「いろいろな球技を経験したが、ゴルフが一番難しい。」と言われています。

まあ、それだから、ゴルフをいったん始めた人はなかなかやめないというのも、うなづける話です。

難しいからこそ、やりがいを感じるのですよね、それを一瞬でも乗り越えたときに。

そのはかない一瞬のために、時間とお金を費やしているのですよね、私たちは。

とはいえ、私たちはアマチュアです。アマチュアにももちろんいろいろありますが、全員が全員、シングルを目指す人たちばかりではありません。

そもそもシングルを目指すような人は、若いころに何かしらスポーツ(特に野球)を経験していて、そもそもの基礎力が違うというのも、この夏休みの読書でよくわかりました。

健康のため、あるいはいろいろな人と関わるのが楽しいなど、取り組むのにいろいろな理由があっていいのもゴルフ。同じ目的を共有できる仲間がいれば、ゆるい目的でもその仲間と十分楽しめます。

とはいえ!

少しでもスコアを伸ばしたいと思うのもまた事実で、そのためには一にも二にも練習しかなくて、かといって、練習すれば必ずうまくなるものでもないのがゴルフでもあって…という堂々巡りに陥ってしまうのもゴルフ。

とはいえ!!!

ゴルフ木曜会で、仲間と切磋琢磨しながら、でもワイワイ言いながら回るラウンドは、心から楽しいと感じます。ハンデがシングルの方もいれば、ゴルフは今日が初めてという方もいる、とても懐の広い会です。

だからコンペではなく、自己ベスト更新を目指してみんなラウンドします。

ゴルフには、そもそもハンデというものがあり、女性男性や年齢にも配慮して、いろいろな人が一緒に楽しめる稀有なスポーツです。

ゴルフ発祥の由来とか伝統とかには疎い私ですが、そういうルールはとてもいいなあと気に入っています。

今日は、なんだか、とりとめのない内容に、いつもにもましてなってしまいましたが、タイミングが合えば、ゴルフ木曜会には参加を続け、このブログでもそのラウンドの振り返りの日記を続けようと思います。

気づきや結論の出ない日もあると思いますが、それも含めてのゴルフ経験を記録することは、私にとっては紙上ラウンドのようなもの、衰える一方の海馬にカツを入れるためにがんばります! なので、今後もこうご期待!?










スポンサーサイト


ゴルフ | 21:32:10 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。