■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ミーコの血糖値
最近、愛猫たちの水飲みの量が多い気がしていました。

しまごろうは糖尿病です。父親も糖尿病でした(ケトアシドーシスで死亡しました)。

ミーコも血縁関係があります。

「しまごろうが糖尿病の上に、ミーコも?!」という疑念がわいてきて、血糖測定器で調べたところ…。

58でした。

健常猫の平均的な数字は、およそ70~140ですから、まったく問題ありません。ミーコは日ごろから少し低い数値が出ます。

ミーコはしまごろうと違って超神経質。血糖測定は押さえつけて行いました。耳に穿刺して採血します。しまごろうは「何かした?」くらいに鷹揚に構えてくれます。

肥満気味のしまごろうに比べて、13歳にしてナイスボディをキープしているミーコですから、大丈夫とは思いつつ、家でできる簡易検査は今後も行うつもりです。

ちなみに、わが家では、下記のヒト用の血糖測定器を使っています。猫用は売っていないため。

ニプロフリースタイル フリーダムライトセットSニプロフリースタイル フリーダムライトセットS
()
フリースタイル

商品詳細を見る


最近、やけに水飲みの量が増えた理由はちょっとわからない結果となりましたが、注意深く、愛猫たちの様子を観察したいと思います。もう13歳。十分、おじいちゃん、おばあちゃんですからね~。











スポンサーサイト


| 21:06:23 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。