■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「現場」で覚えるマレー語
前回の駐在では、英語学校にも通ったし、マレー語もマンツーマンで習いました。

語学はそうやって勉強するものだと思っていました。

つまり、わざわざ時間を作って、決まった時間に、机の上で、先生から教わるというもの。

でも、今はちょっと変わってきました。「現場」で学ぶ語学もありかなあと思っています。というのも「現場」は「試す」ところであって「覚える」ところではないと思っていたんです。住民になってその国に暮らしていたとしても。

過去に、一度習っているとはいえ、すっかり抜けている単語の一つひとつを現地の人との会話や街角のサインで覚えた単語がこちら。

・ありがとう⇒テリマカシ
・どういたしまして⇒サマサマ
・食べる⇒マカン
・トイレ⇒タンダス
・注意⇒アワス
・3⇒ティガ

アルファベットを使わないで音だけで覚えています。

子どもの覚え方ですよね。でも、私はビジネスをするわけでもないので、身の回りで使う言葉だけ話せたり聞けたりできればいいので、こんな感じで単語を増やすのも「あり」かもしれません。

単語だけで会話できるのか、文章でなくても、というのを実験しようと思います。

ちなみに数字の3は、たまたまお釣りでもらったお金を数えた言葉で覚えたもので、1や2はわかりません。

なんだか、ちょっと、おもしろそうです。もしかしたら、あまりのスローペースに嫌になってくるかもしれませんが、飽きるまで続けてみようと思います。


【今日の一枚】
ミーコと一緒にNHKを見る
ミーコと一緒にNHKを見る















スポンサーサイト


英語とマレー語 | 18:06:40 | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。