■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝ごはんくらいはマレー語で
クアラルンプールでは英語がほぼ問題なく通じるので、マレー語を習いたいと思いつつ、なかなか差し迫ったものがないせいで、特に進歩がない状況……。

とはいえ、ごくごく初歩のマレー語で朝ごはんくらいは注文できます。

「ロティチャナイ、ドゥア。テータリアイス、ドゥア。マカン。」

これは、「ロティチャナイを2つ。アイスミルクティを2つ。店内で食べます。」の意味です。

オーダーどおりのメニューがテーブルに運ばれると、とてもうれしいです。

このうれしいという気持ちは、語学学習のモチベーションになります。

欲をいえば、その言語しか使えない状況だと、さらに差し迫って勉強に身が入ります。

この2つは、語学を学ぶ上で上達を最短距離にする条件でもあります。

タイでタイ語を学ぶという場合、この2つの条件はぴったり合いますね。

でも、ここはマレーシア。欲張って2つとも……というのは、時間を考えて難しそうです。私の場合。

それで、英語のブラッシュアップを続けることにしています。後ろ髪はひかれるんですけどね~。でも、身のほども知らなければね~。













スポンサーサイト


英語とマレー語 | 12:51:16 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。