■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
雷さまさま?
先日、私的なラウンド(ゴルフ木曜会は公的なラウンド)途中で、雷雨でゴルフを中断しました。初めての経験です。

雷が鳴り始めたら、すぐに雨になります。

サイレンが鳴ったら、プレイは中断です。

その日、雷が遠くに聞こえ始めました。

「プレイ中断すべしのサイレンはすぐに鳴るだろう。なるべく回れるだけ回ろう!」

4人でそう言いながらプレイを続けました。

気持ちも急いで、スイングも早くなるのですが、あら、不思議、あわただしい中のスイングでナイスショットになりました。立て続けに。

これにはびっくりです。気持ちがせかせかしてクラブを早く振ると手打ちになりがちです。

ところが、この日はそうではなかったのです。

それで、気づきました。今まで、大事にショットしすぎていたのでは?と。

かえってゆっくりする(大事にする)ことで体の動きが止まっていた(肩がまわっていなかった)のでは?と。

それは特にフェアウェイの7番ウッドに表れていたように思います。

110台を出している原因には下手なパターもあるのですが、2打目あるいは3打目の7番ウッドのミスも大きいと思っていました。

練習場で試してみて、来週のゴルフ木曜会で肩を意識して、また、あまりに大事に行きすぎないようにスイングしてみようと思います。

この気づきは、まさに雷さまさまです。










スポンサーサイト


ゴルフ | 22:38:31 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。