■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
タイエアでペットの機内持ち込みができなくなっていた!
しまごろうとミーコは、タイエアでバンコク経由でクアラルンプールにやってきました。

タイエアを選んだのは猫をヒトと同じ機内に乗せてくれるからです。足元にケージ(規格あり)に入れたペットを置くことができたのです。

ところが、バンコクに住む猫ママ友だちからショッキングなニュースがやって来ました。

そのサービスがなくなり、すべてのペットは貨物室に置かれることになったのです。

ペット(犬/猫)をお連れのお客様

貨物室で無事に日本からクアラルンプールへ移動した話も、クアラルンプールから日本へ移動した話も、もちろんよく聞きます。

ですが、一方で、よくない話もネットで見ることがあります。

どちらがいい悪いではなく、飼い主の判断によるところが大きいです。

ただ、わが家の猫たちは借りてきた猫状態で、機内で一言も発しませんでしたが、鳴く犬や猫が多いと想像できます。

乗客のすべてがペット好きとはかぎりませんから、苦情も多いだろうなあと想像できます。

調べると、大韓航空がまだそのサービスを持っていましたが、一機につき1匹、かつ、ケージを含めた重さが5キロ以下が条件です。

しまごろうは、「本体」だけで、5.8キロ、完全にアウトです。

それ以外にもまだ機内に乗せられるエアラインはありますが、クアラルンプールから出ている便があるのかどうか、そしてとんでもなく遠回りな行き方は最初から候補になりません。

とにかく、わが家にとっては一大事です。日本に連れて帰れないかも?!いえいえ、そんなことは決してありえませんっ!!!


【今日の雨】

降らず。












スポンサーサイト


| 11:24:04 | トラックバック(0)

FC2Ad