■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
キャディ付きのラウンド
先日、久しぶりにキャディ付きのラウンドをしました。

キャディには当たりはずれがありますが、そのときはとてもよかったです。

聞けば、シングルの腕前とか。

一番よかったのは、アプローチのアドバイスです。

私の飛距離がわかってきて、残り100ヤード以下のクラブを選んでくれます。

私が選ぶものとことごとく番手が小さいです。

「フルスイングで」と言います。

実は私は、ショートアイアンのフルスイングが苦手。テークバックが大きくなりがちなのです。

だから、トップしたりダフルので、大きめの番手のクラブを選びます。

ゼッタイに届かないのに…と思う一方で、このキャディさんの言うことを信じてみようと決めて、両足を開き気味にして、ヘッドアップしないことに集中して、コンパクトにフルスイング。

すると、ことごとくグリーンにオンするのです。

この日のコースは普段回るところとは違って平坦でした。なので、番手が小さいもので正解なのでした。

それにしても、平坦でも、9Iで、90ヤード近く飛ぶとは、私の想定外でした。乾いた土の上でランも出て…のことですが、それにしても…。

私はまだ自分の飛距離の把握がうまくできていないように思います。

かつ、残りの距離の読みも甘いです。

今週のゴルフ木曜会は、Bangi Golf Resortです。距離は短いものの、トリッキーなコースです。

かつ、キャディさんもいません。

本当に自分の身一つで回りますから、頼るのは自分だけ。

日本にいる、大好きな先輩のゴル友に「まだ若いのだから、キャディなしで回るのも勉強のうち」とアドバイスをもらいましたが、まさにそんな感じです。

なので、余計に、キャディさんのいるラウンドはとっても頼りがいがあって、気持ちよく回れることがわかって、チップも弾んでしまったのでした~。


【今日の雨】

朝方にスコール。雨の音で目が覚めるほど。








スポンサーサイト


ゴルフ | 22:32:55 | トラックバック(0)

FC2Ad