■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
ヘッドアップを治す方法
ネットで「ヘッドアップ ゴルフ」と入れて検索すると、たくさんのページが出てきます。

具体的な方法として「インパクトの後、3秒数える」というものがありました。

また、ヘッドアップを意識しすぎると体の動きが止まりダフルことが多くなるので、「左ひざが伸びないようにするとよい」と書かれたものもありました。

特に後者はヘッドアップと左ひざが関連することがわかり、面白い発見でした。

ナイスショットを打ったとき、頭が残っている印象はあまりありません。

それなら、左ひざを伸ばさないようにした方がポイントとしてはできそうです。

また、後者では、いい感触のショットの「フィーリングを体で覚えろ」とも書いてありました。フィーリングは勝手に感じるもの、自然に出てくるものと思っていたので、これも新発見。

そういえば、以前ちらりと見たNHK「藤田寛之 続・シングルへの道」で伊藤聡子のスイングを見て思ったのは、フォローでも両膝が曲がったままということ。格好悪いと、ふと思ったのですが、とってもいい球筋でナイスショットを連発。プロフィールには、90台で回ると書いてありました。納得。

指南役の藤田プロに言われたことをすぐに実行できて、とってもほめられていました。

あのスイングでヘッドアップが防げるのなら、真似してみましょう。この際、恰好はいってられません。というか、筋力がない女性の救いのスイングかもしれません?!


【今日の雨】

降らず。





スポンサーサイト


ゴルフ | 21:35:39 | トラックバック(0)

FC2Ad