■プロフィール

しまミーコ

Author:しまミーコ
★1962年生まれ、岡山県出身。岡山大学大学院教育学研究科修了。(株)ベネッセコーポレーションで子ども向けの教材制作に携わり、その後独立し、2000年に親友と編プロ・(有)アディインターナショナルを立ち上げる。イラストや漫画展開の執筆や編集を得意とする。趣味はゴルフ。著書に『子どものためのノートのコツ』(全3巻、2刷)、『1000人が選んだ一番よく使う旅の英語72フレーズ』(5刷)などがある。家族は愛猫しまごろう&ミーコと夫。2017年1月現在、編著書は、50冊を超える。

★愛猫しまごろうは糖尿病です。治療当初の絵日記(PDF)があります。愛猫が糖尿病と診断されて不安な方に参考になればと思い、無料で配布しています。希望される方はメールフォームから連絡ください。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■拙著のご紹介





■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■楽天オススメ商品

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スイング派? コースマネジメント派?
ごく親しい友だちとのゴルフ談義メール、そして一方的にファンだったりするブログから、その人が何にポイント置いてスコアアップを目指すかが見えてくることがわかりました。

(A)スイング追求型

(B)コースマネジメント型

この2つに分かれるようです。

私は思い切り前者です! 確かなスイングがあって、そのあとでコースマネジメントを考える派なのです。

でも、アマチュアレベルで「確かなスイング」って、できるの? 週一も練習していないのに?

要は、AかBではなく、AとBのバランスの問題ではないか?

いろいろな方のゴルフブログを読みながら、そんなことを今日はふと、思いました。

私はAにこだわるあまり、第一打のドライバーが乱れると、「どうして? 何が悪いの?」とパニックになり(ドライバーが一番好きなクラブでもあるので)、そのあと、バタバタとダブルパーを立て続けに叩いたりします。

この辺りはメンタルの弱さも先生に指摘されています。

コースにいったん出たら、その日の調子でやりくりするほかない、理想のスイングにこだわりすぎて大叩きをしては意味がないのでは?

ちょっと、そんなことを考えてしまいました。

ところで、今日は打ちっぱなしの練習に出かけましたが、いつものKLGCCでありません。

KLGCCは家から車で5分で気楽に行けるのが最高な場所ですが、10日から始まるサイム・ダービー LPGAマレーシアが行われる会場となるため、今週は打ちっぱなしさえも使えないのでした。

今シーズンはパッとしない藍ちゃんの活躍を大いに期待したいところです。








スポンサーサイト


ゴルフ | 21:35:12 | トラックバック(0)

FC2Ad